生きています。毎日暑いですね。ですが何とか死にぞこないながら毎日仕事に忙殺されております。
いつの間にこんなに書き溜めていたのだろうかと自分でも思いますが、それでも100ページ前後、プロの小説家さんは文字通り命を削って書いているのだなあと思います。
仕事で、文章を書くお仕事をお任せいただいているのですが、なんとも楽しいです。私にはパソコンに向かってこうしてカチャカチャしている時間はとても大事なのです。

私は私に見えない世界があると信じています。そのほうが私の幅は広がったから、というのも一つ、本にたくさんの世界を貰ってきたというのも一つです。ファンタジーが大好きで、何故好きなのかと聞かれれば私の想像を超える世界だからと答えると思います。私の想像できる範囲内の中で生活すると、たまに私みたいな人種はだめになる瞬間があります。私を救う世界であり、そういう思想こそ違う世界を作るのでしょう。
私は、これからもたくさんの世界を思い続けます。時にはそのために涙を流し、時には満面の笑みで迎える朝もあるでしょう。
そこに世界がある限り私の世界は無限です。

アップの頻度が少し高くなる予定ではございますが何せ不精ですのでまた消えるかと思います。どうかお付き合いいただけることを祈りまして結びとさせていただきます。暑さにご自愛くださいませ。