タイトルは『デスコレ!―運命は、変えられる―』です。
元は去年の九月に一週間ほどで書き上げた作品ですが、今回の応募のために五万字ほど書き、改稿を行いました。
といっても、まだまだ推敲終わってません。タイトルも変わるかも。
個人的には『ヤシロさん~』と比べるといろいろと穴があり、整っていない作品ですが、勢いだけはヤシロさんよりもある……ような気がします。
不自然な点、疑問に思った点などあったら、ご指摘いただけるとうれしいです。可能な限り、直していきたいと思います。
よろしくお願いします!

【追記】
『聖職者の条件』ですが、来年締切の賞に出そうかと考えています。ただ公募に応じることのできる枚数にするには、すぐに作業を始めないと間に合わないかもしれません(カクヨムに投稿しているものとは全く別の作品になると思います)。
そのため、カクヨムの『聖職者の条件』の更新がさらに遅れる……というか、止まる可能性があります。その場合は近況ノートと作品の紹介文にてお知らせするつもりです。
また、賞に出した時点で非公開にする必要がありますので、その場合もあらかじめお知らせしようと思っています。
現在、話がとても中途半端なところで止まってしまっているので、九月に入ったらなるべく更新していこうとは思っています。
今年の夏は体調が悪い日が続き、思うように執筆できなかったのが心残りです。遅れを取り戻すために、がんばります。

2件のコメント

  • 七海まちさん

    『朝霧小学校不思議クラブ』にレビューをくださって、ありがとうございます(^^)

    小学生を主人公とした妖怪モノは、自分が小学生の時から書いてみたいと思っていたので、楽しみながら書くことが出来ました。
    難しい漢字や言葉を使わないようにしたり、小学生の可愛らしさを描くのが難しくて。粗も沢山あるでしょうけど、評価していただけてとても嬉しいです(*´▽`*)

  • 無月弟様

    『朝霧小学校不思議クラブ』、ほんわかとした優しい語り口で、すらすらと読むことができました。
    児童向けって難しいですよね。私も初めて書いたとき、とても苦労したことを思い出します。言葉の選択もそうですが、文体に本当に悩みました。
    ですが文体そのものはそこまで問題じゃない、と割り切って、好きなように書いてみました。楽しんで書くことが一番大事なのかなと思っています。

    つばさ文庫の応募作、現時点で90作ほど投稿されているようですが、お互いいい結果を残せるといいですね。
    コメント、ありがとうございました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン