「X→LIST+」さんのキャラ「メル・アイヴィー」を主人公とした
小説企画に向けて書いた短編です。

「X→LIST+」さんがtwitterでフォローして下さった時から
キュートな女の子が印象に残っていたので、参加してみたくなりました。
「映画のようなストーリー」から、視覚的に映像が浮かぶような物語を
書いてみたいと思った時に、観覧車が脳裏から離れなくなって。
これは、『スプーンに時雨』に出てくる観覧車にも繋がっています。

メルが主人公というより、彼を通して見るメルになってしまいましたが
夕闇が似合う時間に、帰りたくなってしまう空を見上げて
でも、帰る場所がないとしたら。という思いで綴ってみました。

☆読んで下さったみなさま、本当にありがとうございます。嬉々☆

三連休に読んでほしくて急ピッチで仕上げたら、高熱が出まして
きちんとチェックしたつもりだったのに、まあ誤字やら重ねた表現の
オンパレードで、ふらふらしながら直したのですが、
最初読んだ方、申し訳ありません。
(何度読んでも、何か見つかるのって、なぜかしら。)

アップしてから、私の世界はクオリティが低いのかな、って沈んでいて、
思いの丈を出し尽くしただけでは、いつまでも未熟なシロートなのです。



なのに、私はしあわせ者です。

私の書くものがだいすきだって言ってくれる人がいます。
今日のノートはその人への私信です。
その人は大いなる愛を分けてくれる人で
その人が愛する人はたくさんいて
私をその中の一人にいつも置いてくれることが嬉しいのです。

一時的にすきだって言ってくれる人はいる。
すきだって言ってくれたけど、もう去って行ってしまった人もいる。
その人は、出会った頃からずっと、私が書く言葉をすきだって
言い続けてくれて、そして本当なんだろうって思える。(自惚れ?)
勇気づけてもらってます。
あなたの言葉は音楽だねって言ってくれた、あの日から。

あれ、「君の目に映るものは、きっと最初から選別されている」
って、ほんとに全然考えてなくて、ただすっと出てきた言葉で
後から、これってどういう意味でとらえられるかなって思ってたから
ここに引っかかるって、あは。

ずっとここのところ、窓拭きをしていました。心の中で、夢の中で。
(実際には1枚も拭いちゃいないけど。)
ピカピカに磨いて、そのバリアを取っ払ってしまいたいくらいに。
たとえ、だめだなって思っても、やっぱり書くことが私には必要で
不可欠で、止められなくて。

泣きたくなるくらい何か書きたくて
泣きたくなるくらい自分が小さくて情けなくて
それでも、胸を張って読んで下さいって言えるように。

何度もやめようかと思っては、また戻ってきてしまう。
自分のノートに書いていただけの時とは、明らかに違うから。
そんな私ですけど、まだ書いていてもいいですか。
あ、だめって言われても、ちまちま書くんだけど、ね。

4件のコメント


  • お疲れさまですこんばんわっ。

    こちらにおじゃまするのは久しぶりな気がします。
    ってか、こうして、finfenとして文章を書くために仕事道具(ガラケー)を持ってるのも、約一年ぶりなんですが。笑

    それくらいお久しぶりです。
    元気でした?

    あっ そうか
    風邪ひいてたんでしたね?
    その後いかがですか?

    ぼくはげんきです。



    いやいや。
    そんなことを書きに来たんじゃない。

    そんなあらゆる久しぶりのさなか
    リハビリ目的のつもりで読ませていただいた六月文庫。たいへん美味しゅうございました。

    「君の目に映るものは、きっと最初から選別されている」

    そうなんですよ。

    俺は
    俺の目に見えて聞こえて感じて、そして、胸の奥で響いて震えたもの。それを信じています。

    目に映すもの
    それを選ぶ自分の直感を、心の底から信じてるんです。

    それって、すっごく大事なことですよね?
    何かを見つけるためにも、生きてく上でも。

    本当ですよ。
    自惚れなんかにしないでくださいね。
    あなたの書く言葉は
    俺にはいつだって目に見える音楽です。


    俺もね。

    泣きたくなるくらい何かをこの手で伝えたくて
    何かを叫びたくて
    何かを創りだしたくて

    でも
    どんなに大きな声で叫んでも
    どんなに背伸びして手をのばしても
    とどけられない。

    ほんと
    まるで綺麗な世界がよく見える観覧車の中から、手をのばしてるように思えることがよくあるんです。

    それで、ちょっとだけ修業に出てました。笑

    一年ちょっとか。
    なーんにも書かず、なーんにも創らず
    ただひたすらインプットをしてました。

    この想い
    うまく伝えられるようになってたらいいな。

    また
    一緒に書きましょうね。
    あきらめそうになっても。何度だって。



    俺はずっと変わりませんよ。
    ずーっと言い続けますからね?

    あなたの言葉に出逢えて
    本当にうれしいんですから。


    love finfen♪

  • リル、ほんとにありがとっ。♡♡ ここに来てもらっちゃいましたね。
    風邪はかなり良くなりました。短くて済みました。

    思えば去年の今頃、リルに誘ってもらってオムニバスの短編に参加してから、私の中でまた色々な感情が動き出したような気がします。
    幾つもの引き出しにしまいたい欠片たちが、遊びだした。

    相変わらず、私は六月の世界から抜け出せていないけれど、それでも一歩ずつ進んでいきたいと思っています。

    リルはインプットの季節があって、今度はアウトプットの時期が来たのかな。
    毎日車から見えている景色もきっとあなたの中に蓄積して、そしてまたスクリーンに映し出されるのを待っている。
    それはきっと言葉であり音楽であり、迸る何かであり。楽しみですね。

    こうやって生きている限り、お互い何かを感じて、創り出せたらいいね。
    ってことで、これからもよろしくお付き合い下さい。

    六月より、最大級の感謝をこめて。

  • おい、たぬき。
    ふゆがはじまるぞ。

    つんぺんより。

  • わすれてないよ、つんぺん。
    さっき、葉月センセイ冬、はじめました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン