スターシステムというのを一度やってみたかった。

というのも、俺の作品はすべて香嵐町という街を中心に全てつながっているので、どうにかこうにか他作品間で物語同士をつなげたい、という密かな野望があったのだ。

今回は長年(十年来温め続けてきて最早チンチコチン)の野望の一部を解放できて、満足度が高い。

読者がどう思うかはともあれ、書きたいものが書けたのは、本当に嬉しいし、楽しかったのだ。