仰々しく書くつもりなどなく、ただの心中の吐露としたいのだ。要は日記である。

うむ、なーんか。

物語が何かの要素に引っ張られてるような気がする。
惰性というか、なんというか。冗長。そう冗長なのだ。

ピシッと書いてキュッとしまる感じにできないのが本当に苦しいなあと思うのでした