気楽になんでもどうぞm--m
駄目だし、創作論もここに書いてくださいm--m

23件のコメント

  • こんにちは、マグネットから来ましたムランチャです!
    マグネットに頂いたコメントへのお返事です。


    >>茜色の残響とジーニーとゾーイの2作品が抜けてるかなっとざっと>>読んだ中では思いました。

    僕は三題噺の評価基準がよくわからないのですが、『ジーニーとゾーイ』はお題のこなし方が見事だなぁと感じました。

    『茜色の残響』は難しくて正直難しかったのですが、作者さんのコメント見て、「な、なるほど」と思いました。


    >>とりあえず次お題発表をまちます。
    「満月」、「ロマン」、「泥」来ましたね

  • >@muranciaさん

    あw そうか! カクヨムのIDないと書き込めなかったのかw
    こりゃかえって手間かけてしまいましたw
    向こうのコメントは消しておいてくださいm--m
    もしなにかお話があったらこちらなら何かいても大丈夫ですm--m

    僕の個人的に『茜色の残響』が一番ツボにきましたけど、お題のこなし方としてはそうかもな~。どちらも今回のお題では抜けているかとは思います。

    次、来ましたねw 複数書こうかな~w でもラノベの長編が手つかず><><><

    それとあそこで長文だったり誤字指摘はふさわしくなかったのでコメントは消しといたでござ~ルm--m

  • プリンぽんさん

    マグネット三題噺
    「泥」「満月」「ロマン」
    さっそく読んでいただいたようでありがとうございます。

    とりあえずふたつ書いてみたけど、お題の中に生物がいないせいかアイデアが上手い事出てきませぬ。

    他の方の作品が読みたい(笑)

  • >@muranciaさん

    もしあれだったらここでもいいし、マグネットの三題噺のまとめでもいいし、個別の作品のとこでもいいし、@muranciaさんの都合のいいところでm--m いろいろかえってばらけて申し訳ないw

    今回のはまたテイストが違っていておもしろかったです。
    ただ、読んでいて俺が見落としていると言うか把握できていない、理解できてない部分があるのかな? っとちょっと不安w

    ってか、
    マキちゃんの詩
    フィジカル・マジカル・・・
    月の彼女に恋をした
    田舎村青春ロックンロール!

    っと4作あるけどでてるの・・・全部、レベルたかくね?wwww
    なんか急激にレベル上がってしかも即だしなんだけどw

    どうしちゃったのよw

    前に、蕗の葉の下の人の文体について言及を頂きましたが、あーいった書き方はネット小説ではちょっと受け入れられにくいので、使いどころもあるとは思うけど、@muranciaさんの作品を含め先の4作のようなど真ん中の王道で書くのが一番いいと思います。
    もちろん、才気のある展開も大好物ですが、コンペであればそういったぶっ飛んだ作品ともうひとつ手堅いのを持って行くのがいいのかなとおもいますた><

  • マグネット内にコミュニケーション専用の場があればいいんですけどねw

    『フィジカル・マジカル・月の光でおおきくな~れ』
    『田舎村青春ロックンロール!』
    両方とも超新星 小石さんの作品なんですよねー。
    文章が軽妙で参考にしてます。

    『月の彼女に恋をした』もボーイ・ミーツ・ガールの大道って感じで可愛いですね。

    『マキちゃん』は最初書いた時は、「リリの死」と「形見となった詩集」の話でした。暗すぎたので、リリ生存ルートに切り替えたて公表。直したつもりですが、おかしなところがあるかもしれませぬ><

  • >@muranciaさん

    ここをお読みになるかはわかりませんが、私は今、絶賛炎上中につきw ですので、三題噺で(最近、勉強のために三題噺だけは読もうと)お気遣いはいりませんm--m 私はこれはメインのペンネームでもありませんし実害もないので、ご心配なく。ただ非常に粘着質な人物一人もしくは二人なので飛び火だけ懸念しておりますm--m 私自身は大酒飲みなので、もし泥酔状態で〇〇とか〇〇とか書き込むと本ペンネームまで行きますからw 専ブラ引っこ抜いて友達の状況だけ教えてもらっている状態なのでなんら平生とかわりませんm--m 

  • 江の、ジャンの読ませ方に、こだわるのかどうかあるのかだけども、無いなら揃える方が良い。
    俺の一人称が、減ったのに軽快なリズムが無い。
    淡々としているから、流し見では良いが、情報が少な過ぎて進行の軽快なリズムを、求めるなら立ち回りが欲しい。
    ヤン・クイの、名前が中国だとしたら、ヤンさんは苗字が多い。ヤンキーに例えているのか、今は不明なのだが。
    軽快なら、躓く名であるので、逆にした方が中華街ではないだろうか。
    立ち回り自由なら、あり。サクッとスラリだと引っかかる。
    女の城、だから粘つく排気が無い。これ逆に粘つくのは、女を強調したいのか、娼婦か読み込み難い。
    探し物はなんですか? これは、探しているから流れたのだろうか。
    古いにしては、古く無いので、質問です。

    ざわざわ。
    これは、よく使うパターンで好きだ。
    その分、目がそっちに行ってしまうので、そこを強調するか、流すかだがな部分だろう。と、思われる。
    他にスペースを開くなら、抵抗は無いのだろう。
    そうなるとスペースを確保しても良いのではないか。

    赤いぼこぼこってのは、太陽と絡んでるのか、中華からくる、朱色か?

    リアリティーを求めているなら、もう赤くは無いので質問。

    クイ・ヤン。こうなると読むリズムは変わる。
    とても躓くから、それは変えられないものか?
    俺は、誰だっけ。と忘れるのは、ちょいと残念ではある。

    ネットだから出来ること。ならもっと色々と欲しい感はあると思う。
    でしたよ。

  • >烏丸新太さん
    とりあえずツイッターのほうで話すがよくわからん><

  • >Fry Me To The Moonに耽さん

    大変に丁寧にお読み頂き感謝にたえませんm--m
    それとお褒め頂き恐縮です。
    食べ物の描写で実際に食べたくなるなんて言葉は作品を書く者にとってはこれ以上嬉しい言葉もありません。ですが……単純に好きなんですよねたべることがw

    実際には複眼そのものを意識して書いているかと言えばまだそこまで深く掘り下げる余裕なく書いているように思います。それも含め、複眼という背景も折り込み表現して行ければより深みが増すと思います。アドバイスありがとうございます。

    この作品に関してはプロットなしで進行しておりますので、途中ダレ場、理解しにくい部分、視点のぶれなど問題も多くでてきていると思いますので、もし単純におもしろくなくなった等々率直にご意見を頂き、とにもかくにも完成させて推敲して作品として完成させたいと考えております。

    もしよろしければ今後も、率直なご意見をさらに頂ければ幸いですm--m

  • あざーすm--m

  • >Fry Me To The Moonに耽さん

    いえいえw なにもおかしくないですよw
    どちらかというと服装描写容姿などの描写は排除しているので食べ物はいわば困ったときに差し入れる癖ですw 多恵ちゃんの妄想レシピはマジックリアリズムのまねごとがしたくて実際は食べ物は関係なかったりしますw でも根本は人間に根源的ななにかみたいなw

  • そなおおげさなw
    でも興味があると書籍や漫画で情報は知らず知らずに増えていくのはあるでしょうね~>< 長編小説を書く場合は資料を(小説以外)で充足させる方がよりオリジナリティーが生まれますので、しらずしらずってのが独自の食べ物に対する描写に生きているとすればうれしいですね~

  • >Fry Me To The Moonに耽
    ヘミングウェイはもっと先行してて大きいんじゃないですかね?
    ラテン・アメリカ文学といえどヘミングウエイの影響を受けた~みたいなw

    とりあえずなんちゃってですw
    日常にあるものが日常にないものと融合
    それを幻想と現実と~みたいにまぜてひとつのお話とするみたいな感じです。
    あくまでなんちゃってマジックリアリズムですねw

  • こんにちはです。
    ☆を献上した件についてご報告致します。
    今拝読中ですが、面白く読み進めている最中に
    『あれ?楽しんでる自分の意思表示してないじゃん』
    って事に気付いてポチポチポチっとした次第でございます。
    これからも不定期ですが引き続き読ませていただきます(`・ω・´)b

  • いいねでありがたいですよ~いきなりリプおくってすみませんw
    読まれた方がじっさいどう思っておられるのか気になって><
    かなり特殊な作品につき、ここわけがわからんとかここでおもしろくなくなって読むのやめた~とかなんでもざっくばらんになにかありましたら気楽にここにでも書いていただけたらm--m

    途中からなんじゃこりゃ~~かもしれませんw

  • では、いきますね。
    先ずは、『複眼って何?』で読み進め、
    盗まれた金の行方、マニアックな場所に住む人間達のキャラに興味が出、
    ボールは友達。「なんだい?岬くんっ!」的なセンスや言い回し、
    舞台の異国感、展開を楽しんでおります。
    強いて言うなら、言い回しのセンス・キャラの喋り口調が好きですね。

    どうだッ、ボロクソ言ってやったぞッ。

  • いやw なんのツンデレw
    とりあえずひかっかる部分がなかったようなのでほっと><
    フィードバックがなかなかないので気がついたらいつでもm--m
    ネット小説の王道とはかけ離れた癖の強い作ですので、いろいろでてくるかもしれませんm--m

  • 蝶の目を拝読させていただきました。

    アンダーグラウンドな舞台での物語に、オカルトにも聞こえてしまう『蝶の目』というキーワードがマッチしていて、序盤から引き込まれてしまいました。

    場面転換で状況に飛躍があるのも、個人的には映画的で好きですし、飛んだ部分の推移を上手に描けているので読み手の理解に問題はなく、楽しむことができています。

    一言でいうと、楽しかったです。ありがとうございました!
    m(_ _)m

  • おおw 勿体ないお言葉m--m かなり変わった作品ですが、おおむね問題なかったようなので嬉しい限り>< 個人的にはラストの、アナザーストーリーなんかは人によっては違うと感じるかな~と思いますが、情緒的に(感情の高ぶり)で終わらすのも一つですが、クールな終わり方も個人的には好みでして、そんな感じの作品もあるかな~とやってみました。全編通じてあまり熱の入った感情描写は避けたのもありますしw

    お読みいただき感謝にたえませんm--m
    ここはなにを書いても大丈夫ですので、気が向いたらなんでも書き込んでやってくださいm--m ここはこの方がいいんじゃね? とか、執筆や手法の話でもなんでもかまいませんm--m

  • よう、久しぶり。
    お前の正体がわかった。

    でもせっかくだから小説のことを話そう。
    過去のことを振り返っても無駄だからな。
    掌編をいくつか読ませていただいた。

    モザイクと剣、率直に言って恐怖しか感じなかった。
    「お題」が出ているにしても、作家が抱く恋心と男が抱く執着心の差が激しい。
    なんでこんな内容にしたんですか?
    聞いてみたい。

  • ほへ? すみませんが>お前の正体がわかった。 の意味がわかりかねますm--m 
    小説にしてついての批評は随時受け付けておりますが、感情の加減のお話でしたらそのように受け取られたのであれば、その通りだとは思います。

    どなたかと勘違いされているのではないでしょうか?

  • そうですか。
    お答えいただきありがとうございました。

  • 個人的には言葉の強さだけに頼った小手先の設定の駄作とでも言われれば、納得でいろいろなお話をしたかった所ですが、いきなりノイローゼのような入りでは小説についていろいろ意見交換をする気にもなりませんでした。
    これはこちらの責任ではないと考えます。
    ま、あんまり良作ではないのは確かですけどねw
    ただこんな作品も時にはありかなとは思います。では。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン