時間がなさ過ぎて近況ノートのオチを書くの忘れたんで早々に変更します。笑いました。

――――――――――――――――――――
『この世の支配者、鈴木』
ジャンル:現代ファンタジー
文字数:18万字くらい
傾向:青春とかファンタジーとかSFとか

―――

 さて、お久しぶりです。何か2017年内に投稿しますって言ってたのに半年経ってました。いろいろ忙しかったり、3作途中まで書いてボツや保留にしたり、そんな感じでした。

 新作としては1年半ぶりみたいです。前回の『爆弾に夕立を~』は賞に投稿して落選したやつを改稿したものなので、ずいぶん間が空いてしまった感覚があります。

 まあ14万字くらいかな、いや、これ16万字になるぞ、ってやってたら18万字になりました。600枚だとこのくらいになるのでギリギリセーフということにしてます。

 2部構成でひとまず24時くらいまで第1部を予約投稿しました。第2部は明日の午前中くらいから日が変わるくらいまでです。もしまとめて読んでくださる奇特な方がいたら月曜以降のほうがいいかもしれません。

 さて、縦組み機能が実装されましたが、なんとも困りました。
 僕は基本的にwordに縦書きで書いて、カクヨムのエディタにコピペして、誤字脱字の確認がてら適宜空行を挿入していく、というスタイルなのですが、このβ版に合わせてしまうとあちらを立てればこちらが立たず、みたいな感じになってしまいます。
 僕としては「横組み時のみに反映されるブランクコード」を実装して欲しいところなんですが、というか100年くらい前に要望を出したと思うんですが、そりゃあれですよね。こっちの手間は増えるんですけど、縦組みのときに空行あるのも違うよな、って思っているので、そんな感じに読んでくれる人に合わせられる形になればそれに合わせて修正しようと考えています。

 次の話をしても結構時間が空くと思うので「ヘーイ」となりますが、次はSFか歴史か時代か現代ファンタジーか現代ドラマです。何にも言ってない気がするけど、そうなると思います。

 では、そんな感じで。
 読んでもらえるとうれしいです。

(以下、大ポカの備忘録です)

『シャンプーハットとかけまして、猫を助ける不良ととく。そのこころは?』

 まあ、ここで即本文にそのこころとやらを書いてしまうと近況ノート一覧、みたいなところを見たとしても誰も彼もがクリックしないのでだらだら書いて尺を稼ぎましょう。
 じゃあ、僕がキリンと戦ったときの話をしましょうね。これは(※ここで折り返された)3年ほど前のことなんですが

 あれ。
 キリンと戦ったときなんてねえか。

 いいです。尺は稼ぎ終わりました。
 以下、宣伝です。

(※中略)

 今まで投稿したものの中でもやや現実的、というか、全然現実ではなくて舞台的に現代なだけなんですが、高校生が主役だとめっちゃ苦労しますね。

 さて、ここに次回以降のラインナップを書こうと思ったけど、すぐに書けるわけでもないし、一旦何も言わなかったことにしておきます。まだ投稿完了してませんしね。この記事のタイトルはそのうち従来の形式に戻します。あと、カクヨムオンリータグについては別のサイトにマルチポストしたら消そうと思ってます。あしからず。

(※本来書こうと思っていたこと)

 タイトルの謎かけはこうです。

 顔に「合わない」
   「泡」ない

 ということで、高校生が顔に合わない支配者なんて役目に就くお話です。