『死体になれなかった少年少女たち』という短編集を完結させました。全九話。サリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』という短編集が好きなので、数字だけ真似しました。
自分の書いた作品の中では、いちばんマシな出来なのではないかと、そんなふうに思っているのですが。まあ、書き終えたばかりだからそう思える、というだけかもしれませんけど。
客観的に見てどうなのかはわかりませんが、自分では、書けてよかったな、と思える作品でした。読んでくださった方々、コメントを残してくれた方々、本当にありがとうございました。

2件のコメント

  • 完結おめでとうございます。
    お疲れ様でした。
    koumotoさんのナイン・ストーリーズ、どれもが世界に吸い込まれるような、そんな引力を持った言葉たちでしたよ。
    読ませていただきありがとうございました。

  • ありがとうございます、遊流空さん。いつも読んでもらえて本当に嬉しいです。「これは暗すぎるかな」「これは人には伝わらないかな」と思いながら書いているので、読んでもらえるだけで、とても励まされます。感謝しかないです。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン