コメントやレビューを書いてくださった方々には、感謝の念が尽きません。わざわざ言葉を費やしてもらえるとは。自分もきちんと読んでレビューを書けば、見知らぬ作者さんを喜ばせられるかもしれませんが、不精もあってそれが出来ていません。とりあえずの形で申し訳ないですが、ここに感謝を記して述べておきます。

3件のコメント

  • koumotoさん

    初めまして、きぐるみ女神Qです。
    今回の企画に『女神絵巻』でエントリーします。

    夕暮れの描写は第2章、妖精王の居城である白亜の神殿でのバトルシーンでガッツリ描かれています。

    もし良ければ、読んでお楽しみ頂ければ嬉しいです。
    これからも、宜しくお願いしますね♪

  • はじめまして。
    企画より参りました。
    千石一郎です。

    夕暮れというテーマにいささか自身は有りますが、本作は長いので
    「第六章 日は既に落ちる。されどいまだ夜ならず(終)」
    を読んで頂けたらと思います。

    宜しかったらお願いします。

  • 自身→自信でした

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン