三作目が完結しました。
今回は〈書くべきこと/自分が読みたいもの〉を優先しています。
エンタメとしてどうなんだという側面もあるのですが、これがエンタメなのですと開き直れる内容。

こうしたトライができたのはここカクヨムで短編の企画があったからこそです。
ありがたい思いでいっぱいです。
どれも当初の予想を覆すラストで書いてて驚きでした。そうくるか、と。

ものを書くことのだいたいは“旅”と最初に位置づけてから始めています。その意味でたいへんに良い旅でありました。

また〈AI美空ひばり〉がなければ一作しか生まれていないのでNHKにも感謝かな?

二○年来の構想がこんな形で結実するとは……人生ってふしぎですね。