『カクヨム』で読める蒸奇都市倶楽部の小説を順次に増やしていきます。

現在は先発で運用していた『小説家になろう』に比べて、
『カクヨム』掲載分は大幅に少なくなっておりますが、
これについて順次に拡充をはかっていき、
年内には両サイトで同等となるように掲載していきます。