自分の小説を読み返していてそう思いました。風景とか状況の描写とかどうも苦手で、登場人物の行動の描写もいつも同じような書き方になってしまう…。小説書き始めたのなんてつい最近で、漫画を描いてた時期の方が長いからそうなってしまうのかなー。

語彙力をもっと増やさねば。最近本とかも全然読んでなかったからそのツケがまわってきた感じがする。小説書いてるくせに活字離れ気味なのはマズイな。

そういえば「アイラと神のコンパス」を、第2回カクヨムWeb小説コンテスト 異世界ファンタジー部門に応募させてみました。字数足りてたし応募方法も簡単だったので。とはいえあんまり期待はしてない…でもこれをきっかけに読んでくれる人が増えればな、というささやかな期待はあります。

現在「アイラ」の方も終わりがようやくチラリとですが見えてきて、また自分の中でファンタジー熱が再燃中なので、現代ドラマの「パーカッション・ライフ」の方はしばし休憩中です。
あと、もしかしたら現在書きかけの新作ファンタジーを近日公開するかもしれませんが、それも「アイラ」優先で執筆したいと思うので更新は遅くなると思います。

久々に近況ノートでも書いてみようと思ったけど、言いたいことはそれくらいかな。また何か思うところ、伝えたいこと等あったら気まぐれに書こうと思います。