フォロー

 というわけで、ついに第一回カクヨム小説コンテストの結果が発表になりました。
 
 なんと、『愛原そよぎのなやみごと』書籍化決定です!

(……ほんとに書籍化するんですよね?)

 感無量とはこういうときに使う言葉なのでしょうね。ただただ嬉しいです。
 不安なことも多いですが、頑張って書籍化作業を進めたいと思います。

(特別賞って書籍化するんですよね?)

 思えば、この作品を書き始めたのは、カクヨムというサイトができるという話を聞いてからでした。
「小説投稿サイトならば、一話完結式のコメディが一番評価を得られやすいだろう」という狙いをもって、まずコメディを書くという路線は決まりました。
 次に何を書こうかと考えたときに思いついたのは
「魔法少女が出てくるけれど、一切戦闘しない話というのはどうだろうか」
 ということです。
 これは持論ですが、
「普通は○○なのに、この話は○○だ」
 といういわゆるキャップがないと誰も食い付かないかな、と考えています。
 とくにweb小説はその傾向が強いと思います。
 王道は力を持った作者ならばヒットさせられると思いますが、無名で特に文章能力も高いわけでも、構成力も高くない自分はアイデアで勝負するしかないと考えたのです。
 それが「魔法少女が出てくるけれど、一切戦闘しない話」でした。

(するはず……)

 告知用の短編も一作書きました。
 一応、未読の方でも解るように書いているつもりです。
 気に入っていただけましたら、本編を読んでいただき、書籍もご購入いただければと思います。

(するよな?)

 また詳細が決まり次第、情報を発信していく予定です。
 応援してくださった皆さま、特にレビューを書いていただいた方、それらは本当に励みになりました。
 本当にありがとうございます。

(???)

 まだまだ物語は続いていく予定で、書きあがり次第順次更新していく予定です。
 末長くお付き合いいただけばと思います。

(_(:3」∠)_)