首を寝違えてしまった。
夜遅くまで原稿カリカリしていたせいである。
そして変な姿勢のまま寝ていたせいである。
その後一日めちゃくちゃ痛くて原稿もあまり進まなかったので、思い切って整骨院へと行くことにした。
原因が明確ならば保険診療による三割負担で済むしと考え、近所の整骨院を調べて向かった。

実際行ってみると、なんか良い感じのアロマ的なあれやら良い感じのBGMやらが流れている良い感じの整骨院で、思ったよりも女性向けなおしゃれな感じだった。雰囲気の良い若い男の先生に、いくつか問診をされた後にさっそく施術開始となった。

最初は電気とホットパックで患部の周辺を温めつつ刺激し、凝り固まっていた首筋をじわじわほぐしていく。電気の刺激は、最初は表皮を細かく摘まれているようで、後からは首肩の奥の方を直接震わせてくれるようで、これがまた気持ち良いのだ。しかもホットパックでじんわりと温かいので、普段方に入りっぱなしの力がスゥーっと抜けて……これは……ありがたい……。思い出すだけでも心地よい。

次に首の方を直接ほぐしてもらったが、この時初めて僕は自分の首の何処がおかしくなっていたのかを自覚した。右の首がおかしくなっていたのは間違いなかったのだが、本当に痛かったのは右の首の中でもこめかみや鎖骨の間のあたりで、私が痛いと思っていた背中側の首筋ではなかったのだ。触られていて、明らかに硬直した部分があり、正直かなりびっくりした。ちょっと声も出た。だがこの周辺も温めながら丁寧に揉みほぐして頂いたことで、相当楽になった。もうこの時点で料金分の満足感は得られていたのだが、施術はまだ終わらない。事前の問診でそういえば気になっていると話した腰である。
腰に関しては最初は不要かと思っていたのだが、ベッドで寝てマッサージを受けている過程で「あれ……思ったより痛んでるんじゃねえかこれ、うつ伏せに寝ると痛みがくるぞ……?」と言う事実に気がついてしまい、慌ててお願いしたのだ。筋力つけてもうちょっと防御力あげたいですねほんと。
おしりのあたりから丁寧にもみほぐしてもらい、この文章を書いている今の段階で超すっきりである。おしりと太腿の間の絶妙なところとか、腰骨のまわりとか、魔法のように解きほぐされていってすごい楽。執筆が快適でちょっと戸惑っている。もっと早く行けばよかった。

最後に、肩甲骨のあたりを押し広げてもらったり、鎖骨と肩の間を念入りにもみほぐされた。最初は何故だろうかと不思議だったが、揉まれて気づいた。ガッチガチなのだ。肩甲骨や鎖骨の周辺が。後から聞いた説明では、下を向く時に使う筋肉が酷使されすぎててとんでもないことになっており、ここの凝りが他に悪い影響を与えていることが分かった。普段からパソコンを使っている関係で下を見ながらタイピングを続けていたのが原因であろう。マジびびった。びびりました。おっしゃる通りですごめんなさい。
寝違えに関しては今回の施術でかなり楽になったし、もう一晩眠ればだいぶ回復しているという話だったが、この肩周辺の凝りはもう少し治療しないとやばい。いやマジでやばい。札幌エキチカ施術を一つ、揉まれて分かった馬鹿な僕だから。
とにかくパソコンに向かって執筆を続ける生活そのものは変えられないので、今後は定期的にメンテしてもらいに整骨院に向かう予定です。こんな不健康な生活しているわけだし! 体調不良を起こす原因は明確すぎるくらいあるからね!
近日中にもう一度行って、まずは良い感じのレベルになるまで治してもらう予定です。
歯医者さんは定期検診行くんですけど、定期的に通うものが一つ増えましたね。
これを読んでいる中には執筆生活を続ける人が多いと思われますので、みなさんも一度保険診療の効く整骨院を探してみると良いかもしれません。いやほんと良いわ。すごく良い。身体大事に!