昨日投稿した「冬の体育」が25日現在、恋愛の週間ランキング12位になっていました!

いつも自作のランキングを確認している訳ではないのですが、たまたま小説を書いている仲間と会ったときに、100字小説が難しいという話題を振ったのです。自作を早く表示させるために「カクヨム 冬の体育」で検索すると「恋愛の週間ランキング - カクヨム」と表示されたので驚きました。

上位11作品は人気作で、皆様も耳にしたことがあるタイトルだと思います。しかも全て30000字越えの長編です。短編が、しかもわずか100字の小さな世界が奮闘していることに感動しました。


読んでくださった皆さま、本当にありがとうございます。応援、レビュー、コメントはいつも力になっています。

菅原十人さま。自主企画「100文字で小説を書きませんか」を主催してくださってありがとうございました。

仲咲香里さま。100文字小説に誘っていただいて感謝しています。今回の奇跡は仲咲さまのお誘いなしでは生まれませんでした。

薮坂さま。最初のレビュー文を書いていただいてありがとうございました! とても嬉しかったです。

美澄 そらさまの「一瞬でアオハル。 」の言葉も。

応援コメントを寄せてくださった方もありがとうございました!

26件のコメント

  • おめでとうございます。
    でも率直に言って「冬の体育」は100文字小説の中でぶっちぎりの傑作だと思いますよ。
    キャッチフレーズもキレ味抜群ですし。
    100文字小説でレビューが付くとか異例ですもんね。
    藪坂さんもご自分で書かれてますがレビューの方が長いですもんね。
    それだけ文字になってない文章を読み手に想起させているってことだと思います。
    いや、本当に素晴らしいです。

  • ゆうすけさま

    近況ノートにコメントしてくださってありがとうございます。
    ゆうすけさまからいただいた応援コメントも、読み直す度に元気をもらっていますよ!

    キレ味のあるキャッチフレーズになっていたと知って嬉しいです。再度感激しました。
    これからも創作を楽しんでいきたいです。

  • おめでとうございます🎉㊗️
    そしてレビューありがとうございました😊‼️

  • 桜庭みゆきさま

    「冬の体育」を読んでくださってありがとうございます<(_ _*)>
    レビュー文をいただいて嬉しいです♪(*'-^)-☆

    桜庭さまの作品は創作の熱意が伝わってくるので、読む度にやる気をもらっています。今日、読んでみた「ふたつの世界」は深い世界観に引き込まれました。読者に判断を託す結末の余韻が綺麗で、読んだ後もしばらく「わたし」について考えていました。

  • 羽間さま、こんにちは(*^^*)

    この度は、拙作に多数お立ち寄りいただき、たくさんの☆をありがとうございました(*´∇`*)とっても嬉しいです!何気に珍味系だったのではないかと思いますが……お口に合いましたでしょうか?(笑)

    『冬の体育』、素敵な作品を拝読しました!爽やかで瑞々しくて、そこに苦味もあって。顔の横を撫でる冷たい風までも思い出されるような……✨

    またお邪魔いたしますね!(*^^*)

  • 羽間慧さま

    拙作『カクテル あらかると』と『Somethingのバーテンダー』をお読み下さり、お星サマまでありがとうございました!

    バーテンダーの優は、もともと脇役として別の物語で作ったキャラなのですが、その話に限らず自作のキャラの中で最強となってしまったので、過去バナで主役というのはどうなんだろう、と疑問に思いながら書いていたと思います。
    最強は主役じゃない方がいいと思っていたので。

    それでも読んでいただけて、気に入ってもらえたなら、書いて良かったと思いました。
    嬉しかったです!✨ありがとうございました!(#^_^#)
    またお邪魔します✨

  • aoiaoiさま

    「ほんとの春を探してみたら」と「ほんとの春のただ中で」は、こんな愛の形もありだと気付かせてくれました。何気に珍味系……そうですね。あまり読まないジャンルだったので新鮮でした。だからこそ、かなり楽しめたと思います。ごちそうさまでした( ´艸`)

    こちらこそ、立ち寄ってくださってありがとうございます˚✧₊⁎
    「冬の体育」は100字以内の制約が厳しく、何度も書き直しながら完成させました。素敵な作品と言っていただけて嬉しいです。レビュー文の「溌剌ときらめくような一瞬」という言葉も胸に響きました(*ˊᗜˋ*)

  • 羽間慧さま

    遅くなりましたが、「最後の夏」に応援、お星様をいただきありがとうございました。

    こちらの記事の件は当然の結果でしょう!d(^_^o)
    素晴らしい小説でした。胸を張って下さい☆

  • こんばんは。
    いつもハートを送って頂いてありがとうございます。
    励みにさせて頂いています。

    レビューするのは苦手なんですが、衝動的に書いてしまいました。
    筆を取ろうと思ったのは、羽間様の素敵な文章があったからだと思います。
    これから他の作品も読んでみたいな、と思います。

  • 羽間慧さま

    恋愛ランキング12位おめでとうございます!
    いつぞや見たあの幻は、正夢だったのだなあと。
    ちょっと胸を突かれる出来事でした。

    あと今、わたくしも公募でMF大賞に応募してるんですけれど、一緒に頑張っていたカクヨムの鬼才が、落ちこんでしまっているので、どうやって力づけたらよいか悩んでおるのです。
    何かいいアイデアはないかなあ。
    名付けてもらったキャラに憑依して、いろいろ励ますかなあ。
    しかし、こんなところでへこんでいられては困るんですよ。
    ライバルでもありますから!


    水木レナ

  • 水木レナさん

    ふむふむ。確かに、仲間であり好敵手という深い間柄の方に向けたエールは悩みますね。

    私なら、過去の作品の良かった点を例に出して、執筆されることを楽しみにしている気持ちを伝えると思います。最後に添える言葉は「応援しています」ですね。「頑張ってください」と言いたい気持ちはやまやまですが、プレッシャーになってしまうのは避けたいので。

    キャラに水木さんの気持ちを代弁させる方法もありだと思います! ほっこりして前向きに考える効果があるので、コミカルな雰囲気が出るものをおすすめします(^^)/

    早く鬼才の方が元気になってほしいですね!

  • ふおおお!

    羽間慧さま!!
    ありがとう!!! ありがとうございます!!!! わたくしごときが何と言ったらいいのか、言わないほうがいいのかと、悩んでいたのですよ。
    仲間と言ったら、わたくしごときがご迷惑だろうとは思いますが、カクヨムでのファン! ですので、そしてカクヨムは文字でのやりとりしかできませんので、なにか言いたいなら文字であらわすしかなくって!!

    やってみます!!
    ありがとう!!! 本当に!!!


    水木レナ

  • 『それでもこの冷えた手が』に星をくださってありがとうございます。
    冷え症に苦しんだ自分の経験から生まれた話で、祥子の体験はほぼ実話が元になっています。冷え症は本当に辛いです(´;ω;`)
    ですがこうして話を一本書く事ができて、初めて冷え症だった事に感謝しました。

  • 羽間慧さん

    『それでもこの冷えた手が』に星をくださってありがとうございます。
    ダークなお話でしたけど、評価してもらえて嬉しいです。いつかあの二人の、来世の話も書いてあげたい……

  • 羽間慧 様

    学業の方は順調でございますか?
    もう、春休みを迎えていらっしゃるでしょうか。。。

    「鈴懸essay」に★をいただきまして、ありがとうございました。
    詩以上に勝手な言い草極まりないのですが、読んでくださって嬉しいです。

  • 橙 daidaiさま

    うがいと手洗いを心がけたおかげか、無事に定期試験を終えることができました。明日の補講を受ければ完全に休みです♪

    「鈴懸essay」を読んでいると肩の力が抜けるので更新が楽しみです。これからも日々の呟きを届けていってほしいです。

  • 羽間慧さま

    本日は拙作『心からの「ありがとう」をあなたに贈ろう』にお星さまをくださり、ありがとうございました。
    お読みいただけて、評価までしていただけて嬉しかったです。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  • 羽間慧 様

    定期試験お疲れさまでした!
    きっと、優秀な成績ですよ!

    ビバ!春休み!
    楽しみですね~♪

  • 羽間慧さま

    やったー! れいの方、活動再開してくれましたよ!! おかげさまです!!!


    水木レナ

  • 羽間慧さん

    『それでもこの冷えた手が ~ずっと、待ってたよ~』に星をくださってありがとうございました。
    前作を書いた時には今作を書くつもりはなかったのですが、来世を書いてあげたいと思って筆を執りました。幸せにしてあげられてよかったです(*´Д`)

  • 水木レナさん

    わー! それは良かったです♪
    文字でエールが伝わるのは嬉しいですね!

  • 無月弟さま

    「それでもこの冷えた手が」のダークな一面も良かったですが「それでもこの冷えた手が ~ずっと、待ってたよ~」の綺麗な思いも良かったです!

    どちらも読んだ後で胸がいっぱいになってしまったので、具体的な感想は中々出てきません(^^;)
    忘れられない作品になりました

  • 羽間慧さん

    「それでもこの冷えた手が」に星をくださってありがとうございます!(^^)!

    この話は自分の体験談をもとに書きました。作中のニャンコの行動は全部実話です。ワガママでツンデレで自分勝手で、だけど憎めない猫。癒されます(*´∀`*)

  • 羽間慧さん

    『チョコ食わず女房』と、『バレンタインの猫の恩返し?』に星をくださってありがとうございます!(^^)!

    バレンタインの話を何か書けないかと思って考えたのですが、どういうわけか浮かんだのはホラーでした。しかも二つとも(;'∀')
    自分は心のどこかで、バレンタインを恐怖に陥れたいとでも思っているのかもしれません。いつかもっとちゃんとした、恋の話も書きたいです(;^_^A

  • 羽間慧さん

    『僕らの謎解きバレンタイン』に星をくださってありがとうございます。
    ミステリーは初めて書いたのですが(そもそもあれをミステリーと呼べるかは分かりませんけど)、途中で真相に気付かれたらどうしようと思いながら書き進めました。
    小学生の毒舌ホームズ視点ので送る、ちょっと変わったバレンタイン。読んでもらえてとても嬉しいです!(^^)!

  • バレンタイン三作品に星をくださってありがとうございます。
    どれもこれも甘くないバレンタインですみません。バレンタインネタを掻こうと思ったら、締め切りギリギリになって、何故かあんなネタばかりが浮かんできたのです。
    甘いお話もあれば、苦いお話もある。そんなことを思い知らされたバレンタインでした(^^♪

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン