「いい孫を持ったな」
 花鬘は鏡に映る桔梗を見て微笑んだ。
 控えていた女房らは、頷きながら主の手腕を褒め称えていた。薬を与えなくて良かったですね、詳しい話を聞く慎重さが素晴らしいですわと。
「褒めても何も出ないぞ。仕事をしろ、仕事を」
 裁縫の手が止まっていることを指摘しつつも、花鬘の表情は明るかった。
 自分がしたことは、恩人の孫へ満杯にならない文箱を贈って元の時間と場所に返しただけだ。歳を取って生を終えるまで浦島太郎を城にとどめ置いた、乙姫よりは情があるのかもしれない。
 聞こえないと分かっていながら、花鬘は桔梗に囁いた。
「桔梗。鶴の怪我を治してくれた礼、確かに果たしたぞ」
 花鬘は敦久に思いを馳せた。
 おとぎ話の玉手箱は、止まった時間を勢いよく流して開けた者を死なせる運命を負っていた。だが、敦久は悲しい箱を生まれ変わらせた。忘れかけていた長年の思い出を呼び覚ますという意味を加えたのだ。また、捕らえた詐欺師達から金を取り返すことはできなかったものの、被害者が家族の温かさを感じるように尽力していた。
「ふむ」
 花鬘はそっと小槌を取る。
「百年先、千年先になれば変わるものはあるけれど、優しさだけは色あせないでほしいものだな」
 願いを込めて見上げた空から、今日も一筋の光が差し込んできた。



************************************
自主企画がきっかけで主催者の方から意見をいただき、2019年1月20日 18:26まで上の形式に変更していました。
この形式でもアリかなと思っていたのですが、作品全体を見たときに違和感が拭えませんでした。

フォローしていただく方がいるのも事実。直してほしいと親身になって接してくださる方がいるのも事実。
相反する思いにどう対応しようか悩んだ末、本当に届けたいと思えるものを公開することに決めました。
☆が減っても、あの作品にはあの書き方が合っている。今の自分は、そう自信を持って答えられるので。

12件のコメント

  • 羽間さま、初めまして。aoiaoiと申します(*^^*)

    この度は、『私と彼と狐の話』へお立ち寄りいただき、たくさんの☆を賜り、ありがとうございました!楽しんでいただけて、とても嬉しいです。
    心より、深く御礼申し上げますm(_ _)m✨✨

    ノート、拝読しました。とても素敵な雰囲気の物語ですね。
    コンテスト期間中ということもあり、書く方も読む方もドタバタと慌しくしておりますが、近く羽間様の作品へもお邪魔させてくださいね♪( ´▽`)

    今後とも、どうぞよろしくおつきあいくださいませ!(*´∇`*)

  • aoiaoiさま

    こちらこそ初めまして。近況ノートにお越しくださり、ありがとうございます<(_ _)>
    「玉手箱を開けたとき」、素敵な雰囲気の物語と書いていただいて嬉しいです。実際に公開している最終話の形式とは違いますが、この記事がきっかけでお話できて良かったです(*´꒳`*)

    実は自主企画「「目指せ、現代の紫式部」女性の手による日本文学」に出していました。なので、立ち寄ったきっかけはイベント用ノートのコメントに載っていたaoiaoiさまの言葉です。
    特に「文法的に些か不自然な箇所も承知の上で、一言一句を必死に選んだ書き手もいること、それらの表現にそれなりにプライドを持った書き手もいることを知っていただけましたら大変嬉しいです」の箇所に惹かれました(*゚◇゚*)*:.。.:*
    自分の意志をきちんと示されていて立派な方だと思い、どのような小説で参加されていたのか気になって覗いてみました。

    「私と彼と狐の話」は、綺麗な描写に圧倒されました。弓月の容姿の美しさ、女に変化する狐の妖艶な佇まいなどが丁寧に描写されていて、一気に物語世界へ引き込まれました。短いながらも奥深い作品に、惚れ惚れします。メインの美弥と弓月の関係も素敵で、幸せな気分になりました。

    私も、ゆっくりaoiaoiさまの小説を読んでいきたいと思います。これからよろしくお願いしますね(゚ー^*)

  • 羽間慧さま

    「サクラサク」に応援、お星様を下さりありがとうございました!
    羽間さんも気分転換に(?)、チャレンジされてみてはいかがでしょう? 文字を削るのが苦手な私にはとっても難しかったですー。

    本当に、ありがとうございました☆

  • 羽間慧様

    こんばんは。
    拙作「みーくんは今日も夕陽を眺める」に星をいただきありがとうございました。
    今、少し新作の考案中です。
    100字小説は遊び心出来心で書き散らかしております。
    羽根様の作品もぼちぼち読ませていただいていますので、これからもよろしくお願いします。

  • 仲咲香里さま

    私も100字小説に挑戦してみましたが、意外と難しくて驚きました。
    小説らしさを重視して書けば文字数が圧倒的に足りない。削りすぎれば詩のような形になってしまう。
    あーでもない、こーでもないと2日粘った結果、違う構想の話を投稿しました(汗)

    誘ってくださってありがとうございます。いい気分転換になりました!

  • ゆうすけさま

    「みーくんは今日も夕陽を眺める」も素敵な作品でしたが、個人的に「トモコのトモは友達のトモ」が気に入っています。等身大の高校生の気持ちが丁寧に綴られていて、青春に戻れた気がしました。

    私も100文字小説を書いてみましたが、案外難しいですね。ゆうすけさまの「お前、俺のこと好きだって言ったじゃん!あれ嘘だったのかよ!」の手口を使いたかった……

    新作、楽しみにしています。こちらこそよろしくお願いしますね。

  • 羽間慧さま

    ですよねー。私はばっちり詩になっちゃいましたから(笑)やっぱり伝えたいことを一つに絞るのがポイントかなって思いました。
    あと、急な思い付きで即公開はキケンです(汗)
    でも、羽間さんの作品はきちんと小説d(^_^o)
    素晴らしい! 勉強にもなりましたー。
    100文字チャレンジ、お付き合いいただきありがとうございました!(私の企画じゃない)

    そしてそして……次は文字制限無しで、羽間さんの胸キュン恋愛小説読みたいなぁ(*´∇`*)

  • 仲咲香里さま

    「サクラサク」を読み終えた後、響きが綺麗で素敵と感じていました。なので、近況ノートを見て数時間でできたことが信じられませんでした。
    100文字チャレンジは、仲咲さまのお声がけがなければ挑戦する勇気が出なかったと思います。こちらこそ、いい腕試しができました♪

    うー。胸キュン恋愛小説、期待していてくださいねv(*'-^*)-☆
    次は寺本目線の短編「スコーピオン」を投稿しようと思っています。「アプリコットフィズ」の文字数にできるだけ近付けたいので、残り2000字ちょいの加筆修正を頑張ります( *´꒳`)

  • 羽間慧さま

    お邪魔します。
    拙作『カクテルあらかると』をたくさん読んでいただき、お星サマまで! 感激です!ヽ(;▽;)ノ
    滅多に注目されないもので(^^;;

    上記の『玉手箱を開けたとき』、拝読しました。
    すごい! ちゃんとした日本語で書かれてるー! Σ(・□・;
    こちらだけ読んでも、なんだかとても良いお話でした✨( ´ ▽ ` )ノ

    ありがとうございました!

  • かがみ透さま

    私もカクテルが鍵になる小説を書いているので、親近感を覚えて読み始めました。
    優くんの性格がとても好みで、一気に読んでしまいました(o^-^o)

    記事を読んでくださってありがとうございます。執筆の励みになります(*^^*)

  • 羽間慧さま

    私の近況ノートにもありがとうございました!(*゚▽゚*)
    カクテルが登場する小説が増えるといいなぁと思っています。
    『アプリコットフィズ』拝読しております🍹
    きちんとした文章にうっとりしながら楽しませていただいてます(#^_^#)
    またお邪魔しますね〜!✨

  • 羽間慧さま

    「100文字で書いてみた!」にレビューをありがとう存じます!



    あの。作品のテーマらしき文脈は、起承転結の承の部分に入れこむと効果的とのことです。参考にしたのはシナリオの書き方なんですけれど。

    ではさいならっきょ。


    水木レナ

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン