令和三年が始まりましたね。
 今年もゆるゆると活動して参ります。

「アンバインの隠し通路」の連載を開始しました。
 
 仕掛けだらけの金庫とか、からくり屋敷とか、迷路とか、いま目の前にあるものをヒントに昔の時代を想像したりとか、そういう「すぐには理解できないけど、きっとわかるはず」というものにワクワクします。

 そういう内容です。
 剣も魔法も出てこないけど、現実とは異なるファンタジー世界の物語です。

 書いていて楽しいし、面白い。
 舞台が陰鬱な場所だから、「楽しい」だけではないんですけども。


 気の向くままに冒頭だけ書いて放置している「物語の卵」がありまして。

 それらを読み返していたとき、続きが読みたいなーと気になって、完成させようと着手したのが今作です。

 短編でもなく長編でもなく、五万文字程度の中編になると思います。


 昨年はあんまりレビューを書けなかったので、今年は読む時間も増やしたい。
 そして世界は平穏になってほしい。