5月は何と言っても、元号が変わったのがデカい。
平成から令和であります。
何だかんだで「平成」って漢字を手書きした覚えもないので、令和も変わったけどあんまり「関係ないね」って柴田恭兵みたいに思ってたら、この前詫び状でがっつり「令和元年」て手書きさせられて笑った。嘘。笑ってない。真顔。ド真顔で書きながら「元年かっけぇ」って思った。元年って手書きはヤバイ。カッコいい。謎のチカラ入る。だって、元年だぜ?

「文学性の女」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888588759
を五月一日に令和最初だぜ!って前のめりに公開させていただいた。文学性の有無を判定する女の子が主軸のお話です。まだ終わっていないのですが、だからこそ途中までを読んでいただければ幸いです。損はさせません!


世間は珍しい10連休で、その間めちゃくちゃ働いた。
花粉と気候も落ち着いたので、ウォーキングを再開した。
BSでやってた映画「最強のふたり」を観てすごく面白くておススメしたら、結構周りの人も観ていて「あれ面白いよねー!」ってなって驚いた。黒人が金持ち白人の看護をする話ってあらすじだけでもう「理解!」ってなっちゃいそうですけど、物語をあらすじだけで判断しちゃいけないねって思った。明るくロックでほろ苦かった。是非!


下田へ行って旅行記を書いた。以前鎌倉を旅行した際に使っていたスレッド(という言い方で合ってるかどうか知らないけれど)があったので、完結済みから連載中に切り替えて、「鎌倉旅行記」から「旅行記」と改名して、章を分けて追加した。今回書いたおかげで、鎌倉の旅行記もついでに読んでもらえたみたいで嬉しい。下田の脱力感と比べると、鎌倉旅行記は「チカラ入ってんなー!」って気がする。どっちが良いかは分からないけれど。以下、お暇な際に読んでいただければ幸いでございます。

旅行記
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885895834/episodes/1177354054889607557

この旅行記の通り朝から酒を飲んで社会的に死んでいたので、戻ってから健康診断に向けてしばらく断酒した。断酒すると書くのが捗る。酒を飲んだら書かないので当然といえば当然ではあるのだけれど。


声優あやねるがちょっと好きなので、映画「プロメア」を公開初日に観た。期限切れ寸前のチケットがあったので、月末には「パラレルワールドラブストーリー」も観た。どちらも前知識なしで映画館へ行った。半額くらいで買えたチケットなのでそういう無茶が出来る。どちらも面白かった。いい所も悪い所もあるけど、これは自分の作品に活かすタネとして大事に取っておきたい。本当は忘れないように書く方がいいんだろうけど、心の中で濾過され精錬されたのでないと嘘っぽくなってしまうと思う。決して書くのが面倒という訳ではない。あやねるかわいい。天ちゃんの方が好きだよって言ってんじゃんマジだって。嘘じゃないって。本当だよ、嘘じゃないよ。痛ッ! ワハハこやつめ……イテェ……まじヤバイ……救急車……誰かッ! きうきう車呼んでッ!


そして!
月末近くにカクヨムコン 4の結果が発表された。
尊敬するキタハラさんが大賞を受賞されて本当に嬉しかった。
熊本くんの本棚は、僕がカクヨムで最初に衝撃を受けた作品だったので、受賞を知った時は本当にテンションが上がった。カクヨムさん、すげええ! ちゃんと読んで見てくれてるんだ!って思って涙しそうになった。ご本人がカクヨムコン4ではオールザサッドヤングメンを激推しされていたので、熊本くんは影が薄かったのだけれど、作品の魅力は時と共に褪せるものではなく、ずっとそこにあるものなのだなぁと気付かされた。面白いものはずっと面白いのだ。僕もしっかり後悔しないように書いていかないといけない。本当におめでとうございます!

熊本くんの本棚
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885471493

オールザサッドヤングメン
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887625859


時に、僕が書いたカクヨムコン 4短編賞『いたずら電話』は落選だった。自分で落ちた原因を分析するに、心当たりがあり過ぎてよく分からないのだけど、応援いただいてありがとうございました。本当に、嬉しかったです。感謝しかございません。

いたずら電話
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888191017

エロ漫画のシナリオだよなぁ、と読み返して思う。
玉置勉強さんとか、森山塔さんとかだったらもっとどエロくかつ深くセンシティブに漫画にできるだろうと思う。そこらへんじゃなかろうか。是非ここまで近況ノートを読んでいただけた奇特な……いやお優しい方にも一読いただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


五月のまとめはともかく、キタハラさんおめでとうに尽きる。
カクヨムには希望があると思った。
六月もしっかり書いていきたい。