今更感半端ないですが、レビューをいただいてしまい、たいへん嬉しかったのでお礼をば。

 「わたし、あなたの飼い猫。あなたと文通しているの。」という飼い猫と飼い主の愉快な日常を描いた作品に、レビューをいただきました。それも短期間にふたつも! 草詩さま、鼻の穴と耳の穴にお箸を突っ込んで踊ろうさま、ありがとうございます!

 草詩さまは毎回コメントもくださり、レビューも猫又リリーと飼い主太郎について「夢のようなシチュエーション」とまで言っていただき、楽しんでもらえたんだなあととても嬉しいです。リリーはナイスガイですね、多分わたしの作品では一番の。

 鼻の穴と耳の穴にお箸を突っ込んで踊ろうさまは、すごく読みたくなるようなレビューを書いていただきました。飼い主太郎がピュアですって。太郎は大学生らしからぬピュア男子なので、わたしも好感度高いです。

 「わたし、あなたの飼い猫。~」はわたしの全作品中、PV数が一番多い作品となってしまいました。すごいなー。何が受けたのかよくわからないですが、投稿した当初は全然読まれてなかったので、多分レビューを書いてくださったり星をくださったりした方々のお陰だとおもいます。自分で面白いと思って書いても、わたしの作者力では人が集まらないので、読み手の方に拡散していただくのが一番読まれますね。ありがとうございます。

 今執筆中の作品に「蜂蜜製造機弐号」と「山井は今日もバイト」がありますが、そちらもよろしくお願いします。「蜂蜜~」はもうすぐひとまとまりが終わるところです。地味な話ですがもうすぐ盛り上がりがありますよ! 「山井は今日もバイト」は、衝動的に掌編を連載にしてしまいましたが、こちらも「蜂蜜」と同じく高校生の連載物です。コメディー色強めの作品で、「蜂蜜」よりは気楽に読めると思います。よろしくお願いします。