ずっとずっと、時間も脳内も余裕がなくて引きこもってきたのですが、ちょっとホッとできるようになったので、皆さんのところへうかがってみています。

そうでなくても、ほうっておくとすぐに引きこもってしまうので、ますます交流から遠ざかり……。
もともとカクヨムは、ただ書いているのが幸せなだけの自分のために作った小さな部屋のようなものでした。
そこから少し部屋の外に出られるようになって、たくさんの方たちに出会って、書くことに幸せを感じているひとがこんなにもいるのだと知って。
それは、これまでの自分の世界の壁が崩れて、突然目の前に広大な世界が現れたような感覚でした。
広大な世界にはなかなか踏み出せず、崩れた壁の穴から外を眺めるばかりですが、こうして見る世界も素敵なもので。

いつか素晴らしい交流上手になる日が来るのか、それともずっと崩れた壁から顔を覗かせているだけなのか。
未来はわかりませんが、どちらにしても、わたしにとってのカクヨムの小部屋が大切な居場所であることは変わらないなぁと思います。

6件のコメント

  • いつきー久しぶりー♪

    俺も6月からこっちドタバタしててねー。
    忙しくって
    執筆も大好きなさすらい旅もなーんにも出来てなかったんだけど
    時々、タブレットに届くカクヨムからの通知見て、こうして大好きな書き手のお話をこっそり読みに来るようにしてたんだー♪

    小さな部屋、いいなぁ。
    それ、すっごい大事。

    交流とか、考えなくていいんじゃないかなー。

    「知り合える」こと
    そしてそこから「気づく」ことは、とっても大切だけどね。

    俺もいつきとおんなじ。
    書いてることがしあわせな種族だし、第一前提に、自分の読みたい話を書きたくってここで書かせて貰ってるから、なんだかその「小さな部屋」ってよく解るよ。

    ほんと、みんなすごいよなぁ。

    初めてカクヨム来て、生まれて初めて書くって決めた時
    まわり見渡して、カクヨムの書き手さんたちの熱意や執筆欲?ってのに圧倒されてびっくりしてさ。
    PVも応援も長ーいことないまま、ただただ細々と書いては、独りきりでにやにやと楽しんでたんだよ。笑
    でも、それが楽しくってさ。

    大事だと思う。
    原点だよね。俺も、君にも、もちろんみんなにとっても。

    広大な世界だよ。みんな本当にがんばってる。

    でも
    無理して返礼や挨拶しに行くことないぜ。
    上手にもなんなくていい。

    だって、レビュにも書いた通り
    いつきのお話は本当に素敵なんだもん。
    黙ってても、寄っていきたくなるよ。

    これからもその素敵な部屋、守っていってな。

    長々とごめん。
    身体に充分気をつけて、がんばろう!

    また来る♪

    Love finfen ♪


  • finfenさん

    ありがとうございます。
    苦手なものを好きになれたら、きっと世界はすごく広がる。
    そう思いはするのですが、やっぱりわたしは自分の小さな部屋を飛び出すのは怖くて。その怖さとの葛藤が常にあって。
    finfenさんの言葉で気持ちが楽になりました。
    いつもうれしい贈り物をありがとうございます。

  • 樹さん、こんばんは。

    先日は遊びにきてくださって、とても嬉しかったです。ありがとうございました!
    樹さんのすてきな作品を拝読したり、すてきなレビューをいただいて喜んだりしているうちに、大好きになってしまっています^^
    たまにこうしてお話できるだけでも、勝手に繋がっているような気がしてしまいます。
    ご多忙な中、どうぞご自愛くださいね。
    また拝読させていただくのを楽しみにしています♡

  • 愛夏さん、こちらにも来ていただけてうれしいです。
    ありがとうございます。

    こちらこそ、と言いますか、こちらが、です。
    愛夏さんの独特の空気が、この人にしか書けないもの、という一番難しいものをすっかりクリアされていて。
    わたしもいつか、この人にしか書けないと言われるものを、たくさん生み出せたら幸せだなぁと思います。

    めったにお邪魔できないでいるのに、繋がっていてくださってありがとうございます。心からうれしいです。

  • 初めまして!

    わざわざお礼のお言葉頂きありがとうございました。
    こちらこそ素敵な作品をたくさん読ませて頂き非常に感謝しております。
    その中でも空色エプロンたまご焼きとても心にしみる作品でした。お父さん目線での子育てはお子様にもよい刺激になるのと同時にまわりのお母さん方にも良い意味で影響を与えられていると思いました。
    更新が途中で止まっており非常に残念ではありますが、気長に続きを楽しみにしております。
    まだ拝見していない作品もこれから読ませて頂きます。

  • chappppさん、こちらにまでおいでくださって、どうもありがとうございます。
    「空色~」へのご感想、とてもうれしいです。
    わたしが一番書きたかったものでしたので、大切に最後まで書きたいと思っています。
    気長に楽しみにしていると言ってくださる方がいるなんて、こんなに幸せなことはありません。

    今はカクヨムで連載中のものの更新ができないでいるのですが、時間はかかってもすべて完結させたいと思っていますので、末永くお付き合いいただけましたら幸いです。
    どうぞまたお気軽にノートにもおいでください。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン