ウォーカーpresents「地元のイイ話コンテスト」

終了

応募受付期間: 2018年4月20日(金) 00:00 〜 2018年6月30日(土) 23:59

このエントリーをはてなブックマークに追加

list

ウォーカーpresents「地元のイイ話コンテスト」

受賞作が決定しました

ウォーカーpresents「地元のイイ話コンテスト」は70作品のご応募をいただき、選考の結果、5作品が中間選考に進みました。

最終選考対象作品は、ウォーカー編集部が選考いたしました。

総評

“実際にあった「地元のイイ話」を物語にしてみませんか?”という難しいテーマにも関わらず、多くの作品のご応募誠にありがとうございました!
結構な数のお問い合わせを頂いたほか、ユーザーミーティングにご参加頂いた方たちからもご質問が多く、改めて今回のテーマの難しさを感じました。

そんな状況の中、想定よりも多く、またクオリティの高い作品が多く寄せられた事に驚きと喜びを感じております。
編集部としても前例のない取り組みだったため、選考に多くの時間がかかってしまい、皆さんにはご迷惑をおかけいたしました。誠に申し訳ございません。

選考の結果、大賞作品無し、という事となりましたが、
今回のような難しいテーマにも関わらず、数多くの面白い作品が投稿される土壌が出来上がってきている事を嬉しく感じております。

改めましてご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました!

ウォーカー編集部

大賞

該当作品無し

優秀賞 賞金10万円

あらすじ

小学5年生の少年、レンの家は民宿だ。
五島列島の中でいちばん大きな福江島の港の近くにある。

7月半ば、1人きりでこの福江島を訪れた都会の若者、ハルタは、おもしろくなさそうにしかめっ面をするばかり。
それから3日後、今度は上五島から、レンと同じ小学5年生のヒカルが、レースの挑戦状を手に福江島に乗り込んでくる。

レンとハルタとヒカル。
最初はバラバラな3人を結び付けていくのは「電動モーターで走るクルマ」だった。

五島列島が取り組む「次世代エネルギーへの転換」について。
その代表的な1つ、電気自動車の導入をメインテーマに。
五島列島の課題である「五島市と新上五島町の分断」について。
両エリアをまたいで開催されるミニ四駆レースを物語の軸に。

五島列島で過ごした子ども時代の忘れられない実体験を散りばめて。
かけがえのない情景が過去から未来へとつながるありさまを描いて。

祈りの島やスローライフだけじゃない、21世紀の五島列島の等身大がここにある。

講評
  • 土地の描写が見事、歴史解説もよい。電気自動車を中心とした、車の技術的な話も興味深く、五島で取り組まれていることが実によくわかる。
  • 幼い恋心が自身の思い出をくすぐる良作。キャラもそれぞれが魅力的。飯もうまそう。 五島に行きたくなる。
  • 子どもの素直な受け答えに、苛立ちに、悔しさに、初恋にとよく描かれているし、そんな素直な子供がいるからこそ、挫折したヒーローが何かを取り戻す瞬間も感動的になる。が、解説が濃密であっちこっちの知識に目線が動き、かなりの長文となっており読みづらさがあった。

優秀賞 賞金10万円

あらすじ

君たちは知っているか。
この現代日本に、茨城県に、本物のヒーローがいることを。
時空戦士イバライガー、茨城元気計画の名前を、君たちは知っているか――。

県の魅力度ランキング万年最下位の茨城だけど!
こんな魅力的なヒーローがいることを、僕は世界に自慢したい!

講評
  • しっかりした読みやすい。ぐっと引き込まれる。
  • 今回のテーマに非常によく合致。途中でぶれずに最後まで展開するのも好印象。
  • 個人的にはストライク! それぞれのエピソード、キャラクターにさらに厚みが出れば、より熱い物語になる気がする。
  • 主人公の置き方もすばらしい。登場人物が非常に好感触でした。サブキャラの登場シーンがもう少しあってもよさそう。
  • 読みやすく、感情移入しやすかった。もう少しエピソードがあっても良かったと思う。

コンテスト一覧に戻る

このコンテストに応募する

このコンテストの応募受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

最新情報

もっと読む