【書籍版発売中】勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている

作者 須崎 正太郎

カラオケからは逃げられない

  • ★★★ Excellent!!!

かつて、カラオケと言う発明品がイグノーベル賞を獲得した時、その選考理由が「歌を聴く、歌を唄うと言う行為を皆で共にする事で寛容になれる」と言うものだったと聞きます。

ただ寛容になれなかったのが主人公な訳ですが、逃げても逃げてもカラオケはつきまとい続ける……笑いつつも、色々同情してしまうような、そんな発想とカラオケとユーモアとカラオケに満ちた小説です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

腹筋崩壊参謀さんの他のおすすめレビュー 385