やがて色付く異世界幻想

作者 畳屋 嘉祥

69

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

クレールや周りの人物の言葉、行動1つ1つが深く、なるほどと納得したり、そういうことかと真意を知ることで、よりこの物語に引き込まれます!
ゆっくりと物語は進み、
世界観も丁寧に作り込まれていて、どんどん読み進めていけて、どんどん好きになります!!
第2章も楽しみにしています!!

★★★ Excellent!!!

とても丁寧にゆっくりと進む物語は、紙媒体で読みたいと思わせる。
手に取り紙を捲り、ゆっくりと活字を追いたくなった。
そして、読破後は書棚におさめて眺めるんだ。
想像しただけで、うっとりしてしまう。

物語を読めば、クレールと共に魔法の使えない私も一緒になって授業を受けることが出来る。
面白い上に、一石二鳥だ。
これで魔法が使えるようになったらもっと凄いっっ!!
・・・すみません、興奮しすぎました。

ああ、それにしても、主人公の謙虚さや真面目さと言ったらない。
これは、作者そのものの性格のあらわれなのかもしれない。
そして、読者選考内に完結するのかと思いきや、第一章終了とな。
なにーーーーっ!! まだ続くのですかっ?!
こんちくしょー、嬉しいじゃないの!!
・・・っ、すみません、今度は取り乱しました。

アンプルかっこいい。

最後は泣かせるのね。ウルッときましたよ。はい。

続きが待ち遠しい一冊です・・・あ、まだ書籍化になってなかった。

★★★ Excellent!!!

 記憶を失った少年を通して世界を克明に描き出していくファンタジー。博識でいて経験に乏しく、古めかしい語り口なのにとぼけている、そんな愛嬌のある主人公を暖かく見守りたくなる。
 練り込まれた設定と伏線の気配に、これからの展開を大いに期待できる。まだ話が序盤のうちに読み始められたことを幸運に思った。これはじっくり追いかける価値のある物語だ。
 また個人的な意見として、この手の小説には珍しく三人称視点であることを評価したい。

★★★ Excellent!!!

キャッチコピーに惹かれて読み始めました。
よく練られた世界観、細かな描写、そして語られる美しき魔法の世界。
読んでいてどんどん引き込まれていくという感覚を久々に味わいました。

記憶を失っていながらも魔法を受け入れている少年クレール。
読み進めていくうちに「こいつは一体何者なんだ?」という思いが強くなっていきます。
それも私がこの物語に引き込まれている理由の1つ。
彼が何者なのか、そして彼の存在がこの世界に、人々に、どんな作用を与えるのか、先の長いこの物語の中でどのような展開を迎えるのか。
わくわくしながら更新待機しています。

★★ Very Good!!

ひとつひとつの描写が丁寧な文章、言葉で書かれていて、とても読みやすいです。ただ、記憶喪失という性質から仕方ないのでしょうが、なかなか物語が進まないのが難点。丁寧な説明が好きな人と、そうでない人で評価が分かれるかもしれません。

ですが、期待してしまう内容なので、話が進めば★も増えると思います。

★★ Very Good!!

やはり始めに目に付くのは、作者の繊細な文章力だろう。
思わずそういう表現の仕方もあったか、と勉強になる。
異世界ものにありがちなアクの強さみたいなものが目立たず、さらさらと流れるように話が読めるので全体的に清い印象を受ける。
物語が始まったばかりなので方向性はまだ見えないが、独特な性格をした主人公が学園や異世界で何を成して行くのか楽しみである。

★★ Very Good!!

5話まで読んだ感想
 読み進めていくうちにこれからどうなるかドンドン期待感が高まっていく。
 続きを読ませるしっかりとした文章だと思う。
 そろそろ大きな動きが欲しいかなと思っていますが、どうなるんでしょうか。
 まだ序盤なので☆1個とさせていただきます。

追記
 続きを読みましたので☆2個とさせていただきます。
 追加レビューについてはまた後ほど