横浜駅SF

作者 柞刈湯葉

3204

1,172人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

小説版もコミック版も好きですが、カクヨムのレイアウトで読むとまたちょっと違う感じというか、ここが原点なんだなぁという感じがしてしまいます。
もっともっとこの話は広がっていくはずで、日本だけでなくそのうち世界も飲み込んでいくでしょう。
スケールが壮大過ぎてどうなるか私では想像すら付きませんが、どんな話になっていくのか、楽しみにしております。

★★★ Excellent!!!

まだ本編途中ですが、ネタの面白さの上に緻密な世界設定がされていて、とてもするすると読めます。作者さんはすごい能力をお持ちだなあと感心しました。

★★★ Excellent!!!

 あらすじに興味を惹かれ、本編を一気読みしました。近頃の小説投稿サイトに投稿される作品の中では珍しい本格的なSFで、大変楽しませていただきました。出てくる用語が現実で用いられるものが多く、設定の羅列で目が滑るといったことがなく、それらが一見似ているようで全然違うものになっていたりと、すごく練って物語を作っているのが感じられました。そして、自由な発想が物語の根幹になっており、それが出オチにならず、筋がぶれずに貫いているところが本当に良かったです。
 またこんな自由で新しい発想のSFに会えることを楽しみにしてます!
 

Good!

小松左京、星新一、筒井康隆といった巨匠の空気を感じさせるオリジナルな発想に新鮮さを感じました。
あまりにオリジナルだと、どうしても説明が多くなるのはやむを得ないところとは思うけど、できればストーリーの中に説明を組み込んで欲しかったな。それさえなければ星三つです。

★★★ Excellent!!!

日本で住む者のホトンドのヒトが使用する駅――このエキナカで閉じ込められたらどうなるのだろうと一度は考えたことがあるのではなかろうか??
そのエキナカの中暮らすしかなくなった人々の暮らしや、その外で生きていた主人公の、日本を行く末を変える戦い!!


Good!

午前零時に読み始めて現在午前三時。。。
一気読みしてしまいました。
荒唐無稽な設定をしっかりと支える骨太のストラクチャー。
ほら話をほらと思わせないリアリティの作り方はまさにプロです。
おもしろい。

★★★ Excellent!!!

 と、ラピュタの碑文を解読出来たムスカ大佐の如く興奮出来る程に、スっと入ってきます。タイトル通りの突っ走りっぷりなのに、です。
 ユーザーに寄る事を排除したかのように斜め上に舵を切るタイトル。そして常識などまるで無視し、我々の生きる普通との整合性など決して整えない。
 しかし話は見たままをコチラに受け入れさせ、その世界に引きこんでくる、有無を言わせぬ構成力だと言わざるを得ません。

★★★ Excellent!!!

 以前から話題になっていた本作を、先日書店で拝見したのを機に読んでみることにしました。
 題名から勝手にコメディ調のものを想像していましたが、ストーリー展開や世界設定、人物の描写に至るまでしっかりと書き込まれた重厚なSF作品になっており、一気に最後まで読み切ってしまいました。
 SF作品が苦手な方にこそ読んでほしい、素晴らしい物語です。

★★★ Excellent!!!

一見とんでもないように見えて、結構面白かったです。15話ほどイッキ読みしました。いつも私の家の近くの駅も工事してますが、あれはああいう事だったのかwエキソトvsエキナカvsJR北海道etc... 作者さんのすごい観察力とセンスを感じます。

★★ Very Good!!

 エキナカ、エキソト、そしてJR九州、北海道…。個性を得て動き始めるヒューマノイド。断裂を生じ始めた横浜駅を舞台に生き残りをかけた闘争が始まる(んじゃないかなw いやホント、期待してます)
 横浜駅の消滅は、エキナカ人の壊滅を意味する。エキソト人も多くは横浜駅の派生資源に依存している。九州も北海道も横浜駅のリソースを取り込まなければ本土・四国は荒野と化すのだ。
 逆侵攻を開始する九州。ユキエを介して浸食を開始する北海道。生き残りのためノード確保・エリア支配に動くケイハ。錯綜する思惑はどこに収束するのか。

★★★ Excellent!!!

完璧にまとまった文章、とんでもないように見えて実は真っ当な近未来SF、冬戦争について描写しない潔さ!とてもおもしろかったです。
ただ、横浜駅といえば私鉄各社との折り合いでサグラダファミリアなので「増殖しなかった元々あった私鉄ゾーン」とか、JR以外の抵抗組織が出てきてもよかったなぁ

★★★ Excellent!!!

ぱっと見て拍子抜けしてしまうような意味不明な世界観なのに、細かい設定があって読み込んでいくうちにどんどんその世界に飲み込まれる感覚がしました。たまたまSNSで話題になっていたので読んでみたのですが、日頃全く読書をしない私でも楽に楽しく読む事が出来ました。久しぶりの読書でとてもいい経験ができました。拙い文章失礼致しました。

★★★ Excellent!!!

想像力を求められない小説など存在しないと思います。
しかしSFに限っては、ある程度現実世界の延長線上に軸がなければ
白けてしまいます。
可能そうにみえてまだ不可能なこと、不可能そうに見えてもしかしたらできるかもしれないこと、そんな空想の先にある世界をいかに魅せるか。これがSF作品の妙ではないかと考えています。
本作は、とてつもなくアグレッシブな世界観ながら、SF作品としての軸がしっかりと根付いており、何気ない描写にさえハラハラさせられてしまうかのような臨場感があります。加えて各登場人物の設定や背景をしっかりとおさえており、読み応え抜群です。

既に書籍化がなされ、多言する必要性もないのでしょうが、完成された物語として一読する価値が多いにある作品です。


★★★ Excellent!!!

Twitterでウィットに富んだ呟きをする方だから、すっごい面白いんだろうと思ってたら、案の定面白い。
発想が並みじゃないだけでなく、展開も並大抵じゃない。
書籍化するのは、時間の問題がだと感じてました。
さて書籍化が決定する前に、夢で書店に並ぶ「横浜駅SF」を見ました。
真っ白のハードカバーに、細い字体のタイトルロゴのみ青のはく押し。
作者らしきシャイそうな青年団が、「わざと地味にした」と、シニカルに笑んでました。お会いしたことないけど。
店頭で実際に拝むのを、楽しみにしています。

★★ Very Good!!

書籍版を読ませていただきました。

「横浜駅が無限増殖する」

そのキャッチだけ見ると、いかにもWebでバズりそうなキーワードで、カクヨム初期の頃から興味を引かれていました。でも読んでみて分かったのは、そのキャッチーさが評価されていたわけではないのだな、ということ。

書籍版のカバーイラストをすでに把握されてる方も多いと思いますが、ラノベレーベルには珍しく登場人物が全く目立たない、横浜駅の異常さが際立った背景イラストになっています。作者様の要望もあってこういったデザインになったとのことですが、設定の細部までにこだわり、キャラクターよりも世界観を作り込まれた本作には本当にぴったりのデザインなのだと思います。

Web発作品だからと侮ることなかれ。
内容はかなり濃厚なSF。専門用語も多々出てきて、事情通の方にとってはアドレナリンがドバドバ出てくることでしょう。単純に専門用語を並べるだけじゃなく、それが作者様オリジナリティ溢れる世界観に作り込まれているのが本作の最大の魅力だと思います。

Web小説にはキャラクターの魅力やストーリーの痛快さではなく、こういう戦い方もあるんだと、新しい価値観を世の中に示していくようなそんな作品。

ぜひご一読ください。

ネップシャマイ好きだ。

★★★ Excellent!!!

発想力が抜群で絶対他の誰にも書けない作品だと思いました。
設定も展開もリアリティーがあってすみずみまでしっかり作り込んであり、きっと頭の良い作者さんなんだろうなと思いながら最後まで読みました。

Good!

ページを開いてまず「う」と固まった

画面いっぱいに埋まる文字文字文字。なんという一ページの情報量か。

読むのにかなりの根気が必要だった。
よく、こういう時に「それが気にならないくらい面白かった」という文章を見かけるが
私は、正直疲れた。
いや、内容とかは面白く、設定も中々凝っているとは思うんだが。
少しJRへのリスペクト的なものがあったりして、笑いが欲しかったか。

複雑な世界観は、まさに作者の脳内が文字となり溢れかえったような作品だ。

私は上手く世界に入り込めなかったな。

★★★ Excellent!!!

先日発売された書籍版、購入しました。
初見時はちょっと難しいな、自分は横浜のことほとんど知らないしなと思い後回しにしてたんですが、
さすがにカクヨムの代表作だけあって読み応えありました。
そのモチーフをこう扱うのか――と思わされることが何度もあること、うけあいです。

★★ Very Good!!

本編を読了したところですが、一気に読みました。ただただ面白かったです。ディストピアな未来世界のように見えつつ、それが増殖した「横浜駅」に支配されているという絶妙な日常感が妙にツボにハマりました。弐瓶勉の「BLAME!」や「シドニアの騎士」が好きなので、メガストラクチャー対人類という構図も熱かったです。できれば、北海道や九州の戦いをもっと読みたかったです。あと、出てくる用語のネーミングが素晴らしい。お気に入りは「スイカネット」です。実はもっと遠大な物語だったのではと思っています。番外編でもいいので、語られなかった物語を読めるのを楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

改築を繰り返すことで有名なあの横浜駅…
それが自己繁殖するようになるという設定を見て、
面白い着眼点だと思いつつ、思わず笑ってしまいました。

しかし小説の中身は……ものすごい!!
まず世界観がとてもよく作りこまれていて…
横浜駅がどんどん増築し膨張してゆく世界で暮らす
人々の様子がよく伝わり、とても臨場感にあふれています。

話のテンポもよく、先が気になりどんどん読み進めてしまいました。
長さや終わり方もちょうどよく、面白く読ませていただきました。

★★★ Excellent!!!

斬新過ぎるテーマと飽きさせない展開に、ぐいぐい読み進めてしまいました。横浜駅が本州を覆い尽くすというスケールの大きさがとにかく圧巻!ちょっと変わった面白いものを探している人には、是非読んでみてほしい小説です。

★★★ Excellent!!!

どこを評価していいのか分からないけれどもどうにかして評価したくなる。そんな感じの作品です。
横浜駅がBLAME!の都市みたく増殖している時点で一発ネタかよ!!な状況ですが、実際一発ネタです。あらゆる単語が聞いたようなものを明らかに間違った用法に置き換えられ登場してます。なので、この作品が凄いのは、それを最後まで読ませる勢いにあるのでしょう。
作中の時間経過は5日間。それだけの間に主人公は幾つものちょっとした冒険をしていきます。我々読者は神の視点から、彼とは異なる意味での驚愕を繰り返していく。ツッコミ入れながら。
適度に緩いちょっとした冒険行(いえちょっととはとても言えませんが……)のおかげで、私たちはよそ見している余裕があります。のんびりと、異形の横浜駅観光としゃれこもうじゃありませんか。

★★★ Excellent!!!

一発ネタと見せかけて異様に作り込まれた世界観や丁寧な各地住民の生活風景の描写などで完全にクセになってしまった。ネップシャマイ君がお気に入りだったのだが中盤以降退場気味だったのが少し残念。増発分を読む限りだと未回収の伏線もありそうだし続編を希望。

★★★ Excellent!!!

発想が吹っ飛びすぎていて逆にきちんと機能する作品に仕上がっている。某コレジャナイジャパンのニンジャ作品の説得力に匹敵すると思います。ネットだからこそ出せる作品かと