文政あやかし怪奇譚

作者 涼暮篤平

56

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

現代の若者が江戸時代にタイムスリップする話、それだけ聞くとありがちのようだが、本文に目を通してまず驚かされるのは、作品の雰囲気に合った文章表現の選択の巧みさだ。
現代なら現代の、過去なら過去の風景を描写するのに適した表現というものがあると思うが、この作者は見事に江戸時代という空気に適った語彙や言い回しを使いこなしている。ルビの振り方さえも外連味が効いていて、わかるところをわかっているという印象である。
主人公が初めて江戸時代の人に自分の素性について話すシーンも、本当にタイムスリップしたらこんな会話になるんだろうなと感じさせるリアリティに溢れている。
作者は地の文で表現する小説に関しては初心者だと自称しているが、とてもそうは信じられないほど完成された筆力を有している。今後の作品も楽しみだ。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

恋する男子高校生が江戸時代にタイムスリップする作品。

異世界ものにありそうな導入からまさかの江戸時代へ。そして何やかんやでその時代の人たちと仲良くなる展開はスマートにまとまっていて、スルッと読み進めることができました。

そしてなにより、この作品は時代考証がすごい。当時の江戸の町をリアリティある描写で表現され、読んでいてとてもイメージしやすかったです。それに蕎麦の食い方から風呂のことまで、歴史に弱い私としては物語を楽しみながら勉強させていただきました。

バトルシーンも迫力があったので、これからのあやかしとの闘いに期待します。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

異世界と思いきや江戸の世に飛ばされ、妖怪達の織り成す怪奇譚に現代人が巻き込まれ―ーという展開になっていくのでしょうか。その辺は今後の展開に期待ですね。
現時点での魅力は何より江戸時代の生活であり、よく調べられ表現できているなぁと感じました。時代モノを扱うには当然のことなのかもしれませんが、無料の投稿サイトでここまで時代考証がしっかりしているのは珍しく思いました。
そうした江戸時代の人々の生活様式を楽しむだけでも、この作品は一読の価値があると思います。
繰り返しになりますが、今後の展開や妖怪要素にも期待が持てる内容でした。

★★ Very Good!!

――

 主人公である君島亮哉の淡い初恋の回想から始まる本作。
 高校生である亮哉は恋の対象である葉月の家へと赴くが、そこで出会った少女と共に影の中に引き摺りこまれる。『現実』から『非現実』へ移り変わる描写が丁寧でいいですね。物語が始まったら“いきなり異世界”ってのが多いのなんのって(笑)
 さて、舞台は江戸時代のようなのですが、どうやらそこは普通の江戸時代とは違う雰囲気が漂ってます。だって兎のような化け物(妖怪)や幼狐(すずねぇ)などが存在しますからっ。妖怪好きとしては、今後どのような妖怪が出てくるのか、弥が上にもワクワクしますね。

 亮哉は文政年間をどう過ごしていくのか――先が気になります。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

現代の若者が異世界へ…ではなく、江戸時代へ飛ばされてしまう和風ファンタジー。

和風モノは少女レーベルに比較的多く、本作もそれにそぐう柔らかな筆致が多く見られます。

何より、時代考証が凄いです。
江戸時代の風土、風習、風俗、風刺。
めちゃくちゃ調べられています。

当時の日本人は背が低く、170センチで長身の部類。
という事実も、あえてきちんと書き込んでおられる。
乙女ゲーでは現代人と同じ体型設定が多いですが、あり得んですよね。

このように、現代と当時のギャップを楽しめる構造でありながら、タイムトラベルの原因である妖術・妖怪の匂いも仄めかせており、とても好調な滑り出し。冒険活劇としても楽しめそうです。

ありふれた異世界にはもう飽き飽き! 過去の歴史にも触れられる一風変わったアドベンチャー。
更新が待ち遠しいです。

さんがに★で称えました