石油玉になりたい(短編集)

作者 柞刈湯葉

484

183人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

作者の表現の魅力である、斬新な世界観の設定やギミックの演出の妙による、「SF的な驚き=センスオブワンダー」に満ちている意欲的な短編集ですね。一読者の個人的な主観としては、横浜駅SFをすでに読んでいるほうがこの短編集をより一層楽しめるように感じました。逆となると、世界観の大きな広がりが堪能できるかどうか。そう考えると、横浜駅SFがイスカリオテの湯葉さんにとってもカクヨム全体にとってもあまりにも大きな金字塔となっているのだなと実感しました。これが短編集ではなく長編だとすると、どちらを先に読むべきであるか、どちらの魅力がどちらを内包しているのかという比較の問題にも、また違った新たな可能性が提示されるのではないか。そう考えるとますます、イスカリオテの湯葉さんの他の作品に期待が持てますね。そういう風に、新たな作品を楽しみにできる、「ますます続きが読みたくなる」というところが、彼の力が本物であるところを示していると思います。個人的には共産主義者が出てくる話が面白かったですねぇ。しかしあえて一作家としてもっと欲をいうと、作品全体に込められた思いや願いのようなものが描けているとさらに評価できますね。例えば「あの作品」にしても、ラストでそれが描かれているじゃないですか。本当に大切なものとは何だったのか。そのきらめきこそが、あの長大な長編の真価だったじゃないですか。イスカリオテの湯葉さん。おにスタみたいな作品にはそれがありますよね。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

未知との遭遇 in 会議室を読んで思わずレビュー。横浜駅SFを読んで期待する読者を概ね裏切らないバラエティ豊かな短編集。ごちそうさまでした。

「石油玉になりたい」
「未知との遭遇 in 会議室」

そういう切り口があったか、とニヤリとさせるようなひねりの効いたSF掌編。
「彼女」「ヨシダ」といった精細に描き出されるキャラクターたちの魅力も一押し。

「ゲームと現実の区別がつかなくなる病気」
「東京都交通安全責任課」
「人間観察」
「陸軍少尉ミハエル・ジークムントの生涯 その2」

星新一を彷彿とさせるよくまとまったショートショート。中でも「ゲームと」は文章作品ならではの演出が(期待通り)スッキリしない読後感を与える妙作。

せかいめいさくどうわ「ラプラスのあくま」
異世界に来たと思ったら三重県だった
箸休め。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

いわゆる一行目のツカミと最後のオチが短編では重視される部分かと思いますが、ツカミの部分からの展開がとても綺麗だなという印象を受けました。
あくまでも日常の半径一メートルくらいにとどまっているツカミの部分から次の文で一気に、あるいは順序立てて非日常へと作中世界を持っていく感覚は遊び心にも溢れており非常に楽しめました。ここら辺のウィットは横浜駅にも繋がる部分かとも思います。
だけどやっぱり異世界は卑怯やろー。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

商用・非商用の世の中の掌編SF小説の中でここまで質の高いものはなかなかお目にかかれないです。意外なオチや裏に潜む壮大な設定だけではなく、蔑ろにされがちな文章がこの小説では読みやすく綺麗にまとまっています。脱帽です。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

短編集ですが、
「東京都交通安全責任課」
「人間観察」
「陸軍少尉の~」
の3つが自分にヒットしました。

・東京都交通安全責任課
 オチも含めてたまらん作品です。細々としたギミックもリアリティがあって上手い。

・人間観察
 九井諒子先生の漫画のようなすこし不思議な世界。雰囲気がいい

・陸軍少尉の~
 「違和感」の描き方が上手いんですよね。フォークのところとか。是非読んでみてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

どの物語も面白かったです。
予想外の結末が待ち受けているもの、少ない文字数にもかかわらずニヤリとしてしまうものなど、素敵な話ばかりでした。
すべてに共通するのは、その発想力はどこから来ているんだ?という疑問と羨望、そして嫉妬でした。
とにかく、独特の世界観で紡がれる物語の面白さは、読んでみないことには分かりませんのでぜひ!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました