石油玉になりたい(短編集)

作者 柞刈湯葉

566

214人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

強烈なアイロニーを感じる力作。
達観した視点から淡々と綴られる文章に引き込まれない人はほとんどいないだろう。

ストーリーは短編ごとに違うが、人間社会の営みを一歩引いた視点から揶揄するという、基本的なスタンスは一貫していると思う。よくできた風刺小説、と言いかえてもいい。

揶揄する内容はいろいろ。とくに、人間の記号化能力のお粗末さを揶揄していると感じられる話が多かっただろうか、たぶん。少なくともぼくはそうだと信じている。

レビュータイトルの元ネタのようなヒューマニズム感はないので、ご注意。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

現代科学と結局昔からそんなに変わっていない人間が書かれていました。
あまり説教臭くなくユーモラスに書かれているので現代受けがよさそうです。

毒はないけど皮肉ととんちの利いた現代人らしい作品でした。いい観察眼を持った面白い作品でした

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

作者の表現の魅力である、斬新な世界観の設定やギミックの演出の妙による、「SF的な驚き=センスオブワンダー」に満ちている意欲的な短編集ですね。一読者の個人的な主観としては、横浜駅SFをすでに読んでいるほうがこの短編集をより一層楽しめるように感じました。逆となると、世界観の大きな広がりが堪能できるかどうか。そう考えると、横浜駅SFがイスカリオテの湯葉さんにとってもカクヨム全体にとってもあまりにも大きな金字塔となっているのだなと実感しました。これが短編集ではなく長編だとすると、どちらを先に読むべきであるか、どちらの魅力がどちらを内包しているのかという比較の問題にも、また違った新たな可能性が提示されるのではないか。そう考えるとますます、イスカリオテの湯葉さんの他の作品に期待が持てますね。そういう風に、新たな作品を楽しみにできる、「ますます続きが読みたくなる」というところが、彼の力が本物であるところを示していると思います。個人的には共産主義者が出てくる話が面白かったですねぇ。しかしあえて一作家としてもっと欲をいうと、作品全体に込められた思いや願いのようなものが描けているとさらに評価できますね。例えば「あの作品」にしても、ラストでそれが描かれているじゃないですか。本当に大切なものとは何だったのか。そのきらめきこそが、あの長大な長編の真価だったじゃないですか。イスカリオテの湯葉さん。おにスタみたいな作品にはそれがありますよね。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

未知との遭遇 in 会議室を読んで思わずレビュー。横浜駅SFを読んで期待する読者を概ね裏切らないバラエティ豊かな短編集。ごちそうさまでした。

「石油玉になりたい」
「未知との遭遇 in 会議室」

そういう切り口があったか、とニヤリとさせるようなひねりの効いたSF掌編。
「彼女」「ヨシダ」といった精細に描き出されるキャラクターたちの魅力も一押し。

「ゲームと現実の区別がつかなくなる病気」
「東京都交通安全責任課」
「人間観察」
「陸軍少尉ミハエル・ジークムントの生涯 その2」

星新一を彷彿とさせるよくまとまったショートショート。中でも「ゲームと」は文章作品ならではの演出が(期待通り)スッキリしない読後感を与える妙作。

せかいめいさくどうわ「ラプラスのあくま」
異世界に来たと思ったら三重県だった
箸休め。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました