読めば読むほど、面白くなる。

異世界転生課、公務員の田中。

彼はどこにでもいるような公務員で……しかし、誰にも出来ないような仕事をする公務員でもある。

普通の人間。
一言で言ってしまえば、等身大。
でも、必死に頑張っている。

そんな彼がひとりの女神と会ったとき。
この物語は幕を開ける。


いや、じわじわと面白くなってきます。
最初は冗長な部分もありますが、しかし。
それを超えた先には、何とも言えない旨味が待っている。

どこかで目にしたような神様も登場しつつ、盛り上がっていく物語。今からでも遅くない、盛り上がっていくさまを、一緒に楽しみませんか?



追伸、ハルタレヴァさま。
ぜひわたくしを踏んでいただけませんでしょうか。
ほんのちょっと、ほんのちょっとでいいですから。


その他のおすすめレビュー

時崎影一/Loonさんの他のおすすめレビュー210