竜鱗騎士と読書する魔術師

作者 実里晶

48

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 オルドルさんいいよオルドルさん!
 ごめんね、ツバキくん(主人公)。私はオルドルさん派なんだ……!

 というわけで、まずは30話まで読んでみることをお勧めする。
 登場シーンがね、良いんですよ。焦らすかと思ったら焦らさずに30話で出てきてくれちゃうとこからしていい。パーキングエリア級なところもいい。暗さと煌びやかさの絶妙なバランス、その描写が、万華鏡のように妖美。
 使う魔法も綺麗。美しい。なのに、なかなか(どころじゃなく)悪辣なところが実に素敵なダークヒーロー! 痺れる!——(人)肉食系なとこまでが、もはや魅力。アルカイックスマイル最高か!
 とか言うと、近寄りがたい感じもするけれど、実際には、彼はとってもフレンドリーです(致死)。主人公を何回か殺したけれども、なんかだんだん楽しいところもある人(鹿)だなぁと思い出したら貴方はもう仲間です。

 と、ここまでオルドルさんについてしか語ってないけれども、(人)肉食偶蹄類以外の魅力も、この作品には綺羅星のごとく鏤められている。
 美男美女(美少年美少女)いっぱいいるよ! コメディ回もシリアス回もあって飽きないよ! お色気シーンもあるよ! 猫耳美少女もいるよ! ウファーリちゃん楽しい子だよ! カガチさんバリトンボイスだよ! 主人公と相棒は仲良くいがみ合いしかしてない気がするよ!(最後にようやく(血の)雨降って地固まる的な感じになった……のでしょうかね、あれは。だったらいいですねー<棒)

 世界観が広大で、読み終わってもまだけっこう謎が残っているので、若干モヤっとするところを残しつつこのレビューを書いているわけですが……
 これ、続きますよね続くんですよね? オルドルさんが番外編で「ツバキの冒険はこれからだ!」的なこと言ってますもんね(違)。
 分かりましたよ待ってます!

(補足)番外編のオルドルさんくそかわ。(本当は、… 続きを読む

★★ Very Good!!

主人公は現代社会からファンタジー世界へ転生した人間ですが、その経緯が「刺殺」。
その後も奇妙な魔法にまつわる事件に巻き込まれ、血反吐を吐きながら戦いに身を投じていく……そんなストーリーです。
始めはやさぐれた少年だった主人公が、やがて人外の魔法使いへと近づいていく……
破滅を予感させる、一風変わったストーリーです。

主人公が何故復讐を誓うに至ったのか、それがピンと来ないところはありますが……
完結まで応援しています!

★★ Very Good!!

「あっ、その人そういう人だったの」が割とあるので、
とりあえず A3 の紙を用意して相関図を描きながら読むと良い。
「つまり、もしかしてこうか?」があれば加筆していくと多分おもしろい。
所々挿入される人物紹介も多分助けになる。

その他の観点 (読みやすさ、傾向等) は3/17記述分とあまり変わらず。


# 以下2016年3月17日記述分

## めんたい

別所で読み始めてから追っているが、最後までちゃんと読みたい一作。

いわゆる異世界転生モノに分類されるか。
メタが好きな人はとりあえずチェック。
おそらくはそういう着地点を狙って書かれているのだと考えられる。


話は同じところを掘り続けるので、連続して読む分には追いやすかった。
数話手前の情報は私のような鳥頭ではキャッシュされない程度の情報量。
ただし、所々で必要な情報を再挿入したり、紹介の回を設けてくれているので、鳥頭でも追える。
贅沢を言えば総集編が欲しい。