極めて傲慢たる悪役貴族の所業

作者 黒雪ゆきは

10,940

3,969人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 悪役に転生する作品の多くは、転生前の性格が主となるため、他者から見るとがらりと性格が変わったと認識されますが、この作品は違います。
 転生前の性格が、転生後の主人公の経験や価値観に引っ貼られることになります。
 その上で転生前の知識と転生後の性格が噛み合うことで悪役のままに才能を活かしていくことになります。
 悪が真に悪役となって織りなす物語は読み応えがあって大変おもしろいです。

★★★ Excellent!!!

おおまかにギャグ、無双、建国記?的な話

設定はよくあるパターン、よくある展開ではあるけれど、切り口は斬新。
そしてこの作品にはなろう系によくある「気持ちの悪さ」がない。

どこか納得のいく展開と価値観。すんなりと腑に落ちる話。

なんでだろ?と考えてみたら、俺はたぶんレベル・スキルという概念で無意識に努力を踏みじってる話とか(有意識なら別)、承認欲求を満たすためだけの性格悪いアテ馬。命大事と言いながら軽々に魔物を殺しまくる話が嫌いだったんだと思う。

この作品はその辺を汲み取ってる感じがありました

★★★ Excellent!!!

 執事の声何度。叩くはなくなる才能が。変化。カイタナのほほえみ。空を描けば傲慢なる最強。闇役。美味しい御飯が待っている。影から見える。
 時の演出力が特筆される。
 最強の力は何に使うのだろう。僕は学習力に耐えうる健康がいいかな。

★★★ Excellent!!!

悪役転生で非常に多いパターンは転生したらただの善人になり原作主人公のほうはクズに描かれ、ただ悪役と原作主人公の立ち位置が変わるだけで悪役の設定なんか意味ないパターンが非常に多くうんざりする事が多い。
だがこの作品は主人公の思想も大きくは変わらず、原作主人公も露骨な悪役になってないので非常にポイントが高い
言動だけ悪役ってわけでもなく話が進むにつれ悪役の思想と転生主人公の思想が溶け合って一体化してきてるのも高ポイント。それでいて不快な悪役というわけではない
また原作ヒロインNTRしたり原作知識で主人公の活躍を先周りして全部奪うとか姑息なこともしません

まさに見たかった悪役転生物でしたね

★★★ Excellent!!!

悪役転生で無双するそれだけだけどめっちゃ面白い!
1,悪役転生で中身が変わるけど基本的に主人公の思想や言動は変わらない
2,能力がちゃんと悪役だし、無双
3,原作主人公に対する言動が面白い
等々で面白い!
所謂日本人らしい謙虚すぎる所とかが異世界転生ではよくあるけど、ちゃんと悪役らしい行動している所がとてもいい。