恋よりも恋に近しい ~京都祇園祭「保昌山(ほうしょうやま)」より~

作者 四谷軒

176

61人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

保昌と和泉式部のじれじれ具合や、花盗人のシーンが素敵でした!
道長さんのキャラが最高すぎます。
私は時代小説を結構読むのですが、こちらは全然堅苦しくなく、現代もののようにすらすら読めました。
作者さまの筆具合が絶妙なので、読みやすいのに平安時代ならではの雰囲気もたっぷり楽しめます!

★★★ Excellent!!!

歴史上の楽しい逸話を掘り起こすのが上手い著者による、とても素敵な物語です。
恋多き女、和泉式部は有名ですが、こんなエピソードがあった事は知りませんでした!
藤原道長、赤染衛門が思いがけない形で登場し、クスッと笑いたくなってしまいます。
歴史上の人物がとても身近に感じられるストーリーです。

★★ Very Good!!

時は平安、舞台は京の都。
藤原道長に仕える武人が、誰もが知る女流歌人・和泉式部に出会う!

読者は、まず、解説文で度肝を抜かれます。
摂関政治の代名詞というべき藤原道長が、実は、関白になっていない!!
豊富な知識に裏打ちされた、奔放な四谷軒ワールドの始まり、始まり!