「アングレカム」を君に捧ぐ

作者 この美のこ

64

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

短編ではあるが、伝えるべき要所はきちんと押さえてあるので、
サラッと読みやすく、なおかつ分かり易い。
一冊の本をテーマとして、繰り広げられる青葉のような恋。
思春期のトキメキを思い出しながら読み進める、
枯れ葉が小枝から去っていく物悲しさを味わう。

まるで季節の移り変わりにも似ているだろうか。