激動の半生を送った女性とその夫の一代記

想像もしていなかった状況に巻き込まれながらも自分を失わずにまっすぐ生き抜いた女性の半生を描いた感動作品です。ラストシーンでは涙が出てきてしまいました。
書籍化も納得の作品で、おそらく書籍化では間の物語も補完されていくのでしょう。とても楽しみです。
閑話集も不定期に更新されているようで、幕間の物語もまだまだ楽しめます。繰り返し読みたくなるこの作品、おすすめです。

その他のおすすめレビュー

週刊歌らん作者さんの他のおすすめレビュー796