愛用の大剣が銀髪美少女になった元傭兵は魔獣を狩る

作者 日諸 畔(ひもろ ほとり)

239

85人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

”むせる” 作品やラブコメを中心に精力的に作品を投稿されている、個人的に注目の実力派作家、日諸 畔さん。
今回はお得意の『むせる×ボーイミーツガール』の骨太ファンタジーということで投稿を追いかけましたが……ものの見事にむせました!(いい意味で)

寡黙だが心優しいリュールと、人と剣を行き来する、天真爛漫としつつ殺意の高い発言を繰り返すブレイダ。
互いの信頼を感じさせつつ、どこかずれてる二人の会話や、戦闘中に見せるテンポ良く歯切れのいい言葉の応酬がとても心地よかったです。

そして二人を取り巻く謎。
その身を犠牲に戦う、手に汗握る熱い戦い。
深く描かれるリュールやブレイダ、仲間、そして敵たちの心の内面。

ダークファンタジーでありながら、二人の固い絆が胸に来る魅力たっぷりの熱い物語です。
個人的にはポニーテールがイイ! そして結末にはウルっときました。

もちろん実力派として描写も素晴らしく、安心しておすすめできるとても面白い作品です。
ぜひ彼らの物語、味わってみてください!

★★★ Excellent!!!

人類は今日という日まで、様々なモノを対象に、色々な形で信頼関係を作り、築き上げてきた。

家族、配偶者、親族、仲間、戦友、友人――。

この中で、最も強い信頼関係を持つものは
《武器を手にする者》
そして
《その手に握られた武器》なのかも知れない。



武器を持つ者は、武器に己の存在を預ける。
武器は、己の価値の全てを以て、持つ者に応える。

人は命を預ける武器を労り、愛し、命を託す。
その意思を一身に受けた武器もまた、己を持つ者のために全力を尽くす。


生きるために武器を握り、握られる武器は、その者に全力で応える。

どちらかが欠ければ、どちらの存在も永久に喪われる。人間同士の関係を超越した文字通りの運命共同体……。

刮目せよ!

これは「人」と『意思をもった武器』が紡ぎ出した人類最強の信頼関係を綴った物語である――。


※意訳:ヒロイン、可愛いッw可愛い可愛い(*´ω`*)

★★★ Excellent!!!

 あらゆるファンタジーにおいて、どんなヒロインよりも近くで主人公を支え続ける存在───それは、愛用の武器。
 主人公との距離の近さという点で古今東西のあらゆるヒロインを圧倒するそれが、人間同様の身体を手に入れたらどうなるか、その答えがこの作品である。
 その上で、ファンタジーとしてもコメディとしても面白いのだから隙がない。
 人外ヒロイン好きなら一度は読むべきだろう。

★★★ Excellent!!!

『愛用していた剣が美少女になる』というキャッチーな題材の時点で、もう既に面白いです。
個性的なキャラ達の中でも、剣から人へと変身するメインヒロイン『ブレイダ』が特に魅力的でした。持ち主の『リュール』が大好きな性格でありながら、何かと物騒な発言や思考をする部分で、彼女が『人』ではなく『武器』なのだなと常に感じさせてくれます。そのギャップがまた素晴らしい。それでいて話が進んでいくと少しずつ『人間』を学んで成長し、どこまでも魅力が滲み出てきます。
リュール大好きブレイダの姿に大変満足できるものの、かといって変な下品さや、いやらしさは感じません。むしろ『相棒』として活躍する場面も多いため、二人の関係性は万人にオススメ可能なほど素敵で微笑ましく、応援できると思います。

そんな二人の活躍を、テンポの良い文章でサクサクと読み進めて楽しむことができる点も良かったです。
しかし『雑さ』はなく、スピード感や緊張感溢れるバトルシーンも特徴的であり、実に総合力の高い作品だと感じました。あらゆる部分で隙がなく、とても面白かったです。

テーマ、ストーリー、キャラ、文章とどれもハイレベルなのですが、ただ一点だけ、作品としての『目的や目標』があまり見えないのが惜しかったです。
剣が人になったので、その原因を知りたい。謎の魔獣に襲われたので、正体を突き止めたい。『敵』が立ち塞がるので、彼らを止める。どれも周囲からのアクションに対して、リュールが『対応』する構図です。
冒頭からリュール自身の『命を懸けて戦う理由』や『人生を費やしてでも達成したい目標』が見えないために、一本筋の通った『芯』が感じられず、作品全体の印象もフワッとしてしまっているのは、非常に勿体なく感じました。

ただそれ以外の部分は間違いなく高水準です。なので、リュールの過去とも深く関わっている『敵』との戦いにおいて、その真実や真意、そして… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

剣の擬人化? から始まる王道ファンタジー小説です。

この作品の魅力は何と言っても主人公の相棒である剣ちゃんの存在でしょう。

やや前のめり気味な剣ちゃんがすごい可愛いです。

アニメで見てみたいです。

秀逸な戦闘シーンあり、コミカルシーンあり、ラブコメ的な要素もあり、全てがバランスよく詰まっております。

読めば読むほどハマっていく魅力のある素敵な作品です!

★★★ Excellent!!!

元の人気のあった短編を長編に変えた作品ですね。
物語構成が良くできていて、次へとページを捲らせるような面白さがあります。

戦闘シーンの巧みな描写、剣の女性との楽しげな関係、読みやすい話数の分け方。そして、まるで映画さながらの次回予告。
作者さんがいかにこの物語を気に入っており、少しでもこの作品を世に知らしめたいようなそんな感情も伝わってきます。

「これからも頑張って下さい!」と応援したくなるような少年漫画のような熱いファンタジー作品ですね。