その日常はクリームのように甘く、心の内は珈琲よりも苦く

作者 森陰五十鈴

耽美でほろ苦く、ざらりとした舌触りの作品

  • ★★★ Excellent!!!

 この度は、自主企画にご参加いただきありがとうございました。
 主人公の心理描写と小道具の使い方が、とてもお洒落で美しかったです。ドロドロとしつこく残るような読後感のある、素敵な物語でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

惣山沙樹さんの他のおすすめレビュー 172