死亡回避困難で悪役令嬢は鬱ってる。―理想ENDは天使も悪魔も出し抜いて大往生ですけど?―

作者 ムツキ

110

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作は聖女や魔王が存在する異世界を舞台として、悪役令嬢である主人公が同じ時間を繰り返す物語です。

主人公は何度も死に戻りながら、生き延びるために更生しようとするのですが、もうかれこれ百年近くも囚われの身となっています。
やがて、現れた天使からその意味と解決策を教授された彼女は、敢えて悪役令嬢として生きていくことを決意するのでした。

昨今の悪役令嬢ものが、破滅的な未来を回避するために改心するのに対し、本作は悪に徹することが解決策というユニークな作品です。
またコメディ色も強いため、楽しく読み進めることが出来ると思います。

★★★ Excellent!!!

転生した後の再起に苦闘する悪役令嬢の苦難の人生…ではあるのですが、そのレベルが一般イメージを覆すとんでも方向に進みまくるのが特徴です。

ほぼ全ての事柄について一般的な世界観を踏まえつつも覆す方向性に走っていて、何がどう進むのか分からない世界に慄くことは必至です。これは凄いです。本当にきちんと終わるのか不安になるくらいです。

予定調和でなければ我慢できない人も含めて、一度は体感に値する世界です。
怖れなさい、笑いなさい。
そんな世界です。

★★★ Excellent!!!

主人公シャーロットの一人称視点で語られるストーリーは読みやすく、読者を飽きさせません。よくある更生型の悪役令嬢ものとは異なり、本作は寧ろシャーロットが人生を終わらせたいと考えているような構成です。
登場するキャラクターも個性的で話を盛り上げます。まだ序盤ではありますが、一人としてまともな人格者は現れていません(笑)
ここまでシャーロットの味方といえるのは婚約者のカエル王子のみ。いったいどういったストーリーが展開されていくのか楽しみです。
今後の展開に期待しております!