作者 kazuki( ˘ω˘)幽霊部員

鏡は悟りの具に非ず。

  • ★★★ Excellent!!!

目を疑う耳を疑うとはいえ、それらを疑う自分の精神までは疑えない。
昨日も今日も、そしてまだ見ぬ明日も自分は変わらないと鏡を見ている。
だが鏡に「見られた」なら──これは、そういう話です。
読み進めるうちにノスタルジックな気分になります。
この“追憶する”という行いもまた「合わせ鏡」を見るようなものでしょう。
その向こうで笑っているのが誰であれ何であれ、「見られて」はいけません。
繰り返しになりますが、これは“そういう話”なのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

Kさんの他のおすすめレビュー 13