雪についた足跡をたどってみたら…

作者 ソラノ ヒナ

60

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

クリスマスイブに皆が浮かれる寒い夜。傷心の心を引きずって一人歩く女性。

クリスマスイブの日に振られ自分のこれまでを振り返る彼女。
きっと彼女は下を向いていたのでしょう、真新しい雪の上に足跡を見付けてしまいます。

その足跡をたどっていくと……

傷心の女性の心が、徐々に輝いていく過程がとても丁寧にかかれていて、読んでいると一緒に元気になれます。

セリフ回しがとても素敵で、おしゃれ。それでいて確信を突いてきます。

読んでいて冷たい涙も、温かい笑顔に変わるとても心温まる本作、オススメです!

★★★ Excellent!!!

『雪についた足跡をたどってみたら』というお題にしたがって書く、作者の発想力がためされる自主企画にて、企画者(私)が選んだ《ベスト1》作品になることは、間違いなしです。
恋をしてても、してなくても、あなたはきっと《キュン》するはず。その巧みな心理描写、キャラクターの魅力、お題をストーリーのど真ん中に入れて、短編にぎゅっと詰めこむワザ…すべてが「お見事」です。みなさん、ぜひ、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

いやー、王道だ!
ほっこりさせる恋を書けばカクヨム随一だよー!

とにかく、その過程が秀逸!
どっちに、彼女の心は振れるのかとドキドキしながら読んだよ!

セリフも、ステキだ!
どうしたら、こんな感じのセリフが頭から出てくるの?
どうしたら、こんな展開が思い浮かぶの?

できねーよー、わだじにはでぎね!
ああ、そうか!
こんなセリフは、たぶん、作者様の頭からではなく、心から出て来てるのかも!
だったら、わだじにはムリだ!

是非、皆様も、お話をご堪能され、ニヤケてください!