カク想い ヨム想い 熱い気持ちは同じ

舞台は現代、それも現在です。それだけでも身近に感じます。
主人公の小説を読むために来たと言うヒロイン
小説を書くことをやめてしまった主人公

小説を書籍化するという意味ってなんでしょう。

ヒロインはグイグイ来ます。その原動力となる想いとは・・・

読みやすく、嫌な気分に陥ることも無く、鼻につくご都合主義でもありません。
ぜひ数話だけでもお読みください。きっと最後まで読みたくなる作品です。

そして読み終わった後、読み専の私が小説を書きたくなった作品です。

その他のおすすめレビュー

音無 雪さんの他のおすすめレビュー151