あたしと師匠の赤い秘密

作者 関川 二尋

141

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「赤を! もっと燃えさかる赤を! すべてを焼き尽くすような圧倒的な赤を!」
そう言う師匠は、熱く叫んだーー枯れてる狭い庭で。

師匠とマドカ君は、「情熱と生命力と憤怒が燃え盛るような、そんなマッカな赤」を探すことが出来るのか?

最後は、カップ麺を持っていざ 乾杯!
今夜は、秘密を多く持っておくとよいでしょう。

★★★ Excellent!!!

妖怪絵図を描くことを生業とする師匠と、その弟子マドカ。
今日も今日とて騒ぎ立てる師匠を上手くあしらい、揃ってお出かけ。大好きな師匠となら、近所のスーパーまでだって立派なデートなのです。
師匠とマドカちゃんのキャラクター、セリフの掛け合いや赤いきつねの食べ方談義が楽しいです。(私はどちらかというとマドカちゃん派でした)
そして、「赤い秘密」の謎とは……

鬼才を放つ芸術家の描く絵と、そこに潜む赤い秘密。
気になった方は是非読んでみてください。芸術家の感性に驚かされますよ。