辺境地で冷笑され蔑まれ続けた少女は、実は土地の守護者たる聖女でした。~彼女に冷遇を向けた街人たちは、彼女が追放された後破滅を辿る~

作者 @itiri-yuiami

姿の見えぬ時の中、私は遊ぶ時のウタ。恨みかうは森の下。聖女笑う声相互。

  • ★★★ Excellent!!!

聖女笑う声高にて。聖女の音がかかるなら。闇より濃くて遠くなる。森より高く川がある。山のこと。遊ぶ心は私の出入り。幾種。恨みか居場所か運命か? 選べずに。
ぼっちで元引きこもりの僕としては、街人のように群れることに憧れる。キャラクター達に親近感を覚える。景色が思い浮かぶような演出が特筆される。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

大槻有哉さんの他のおすすめレビュー 339