砂漠渡りと長月

作者 尾八原ジュージ

57

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一生を通じて彼らの幸せを願い続けた祖父。
思いを寄せていたのは本当は誰だったのか。
短いながら錯綜するそれぞれの思い。

読了後は、
彼ら全てに幸あれ、そんな気持ちになります。

例の歌詞をあらためて検索すれば、より「尊さ」が感じられることでしょう。

この作品は、「お題」を超えたその先へ読者の想像力をいざないます。
良作というより名品、でしょうか。

今回の「同題異話」の中ではもっとも刺さりました。

……おすすめです。

★★★ Excellent!!!

国内を一人で旅するのが好きだった祖父。しかし、その趣味の秘密を、孫は知ることになる。
過去に対するどうにもならない感情を実直に描いた現代ドラマ。読後の心の中に、悲しさや切なさが砂漠のように広がっていきました。
祖父の語りから浮かび上がっていく光景が美しくも寂しくて、祖父のどうしようもない気持ちを表していると感じました。思いやっているからこそ、生まれてしまったすれ違いが尾を引きます。