おじさん魔法使いと押しかけ女子大生 ~彼は恋を思い出し、彼女は再び恋をする~

作者 日諸 畔(ひもろ ほとり)

181

66人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これはずるいです、ずるいですよ日諸さん。
あらすじからして魅力的でしたが、本文はその1000倍、いや10000倍でしたね……

魔法使いのおじさんも、大学生の女の子も、どちらも良いキャラをしています。
一話目から、二人のファンになってしまいました。

ああ……日諸さんの才能は半端ないや……
私、今にも嫉妬の鬼になりそうなくらいです。

とにかくですね!
こんなに面白くてすらすら読めるお話はなかなかない!
一話目を読みながらも、心は「次は?次は?」と二話に飛んでますからね!

ぜひ書籍化して欲しい! それだけの力があると思います!
出版社様~! こちらですよ~!

これからも頑張ってください!
この作品はいつまでも追い続けたいと思います!

★★★ Excellent!!!

作者の日諸さまが求めている出会いにも見える物語。
日諸さまが欲している理想の女性像にも見える物語。

つまり何もかもが尊い。

飄々と過ごしていたおじさんがこれから急成長する女子大生と一緒に成長ないし、ラブラブになっていく物語。

二条ことみんなのお姉さまグレースより。

★★★ Excellent!!!

「ひとこと紹介」のとおりで、魔法使いをやっているおっさんが可愛い押しかけ女子大生に押し切られてその女の子を助手にする話です。
よくある設定かとも思いますが、魔法使いの本業が結構シリアスな予感がするので、単なるおっさんの欲望に終止するとも(してもいいけど)思えません。
今後起きていくであろう事件の中でふたりがどんな関係になっていくのか楽しみです。

★★★ Excellent!!!

社会をそれなりに渡ってきたおじさんと、
社会に出ようとしている少女の物語。

ある程度の経験をしてきてしまったおじさんこと、里中健司。
くたびれた訳では無く、やさぐれた訳でも無い。
ただ社会に溶け込む一人の社会人としても毎日を過ごしている。

そこに現れた明るく元気な女子大生、山崎明莉と出会う。

天真爛漫な彼女と出会い、彼の生活は大きく変わっていく事になるだろう。
ゴリ押しの彼女をサラッといなすおじさんの一言がクスリとくる。

ハイテンション×ローテンション。
軽快な掛け合いも魅力の当作品を是非ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

主人公はおじさんです。
リアルなおじさんです。
筋肉痛が明後日に来るおじさんです。
そして、魔法使いです。
そして、ヒロインは合法10代。
女子大生ですよ。女子大生。
この物語は主人公の自己の理性と良識の崩壊がいつ訪れるのか?
それを楽しむ作品です。
個人的に。
面白いから楽しめる。
まぁ、読んでみましょう。