Distorted Love

作者 時雨

28

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

誰にも話して聞かせることなど出来ない
閉じてしまった息苦しい心は切なくて
それは理性的な部分と心の根っこが争い
でも、どうしても無視出来ない想い

1人で凝り固まってしまったその気持ちは
もはや何処にも向かうことは無い

例え、気持ちが歪んでいたんだとしても
これは純粋で綺麗な思いだから

彼は今日も形として想いを残す
その手に、`実物大の形`を持ちながら。

そんなお話です

★★★ Excellent!!!

匂いって結構重要なファクター。
そういう意味ではやや女性的視点。
でも恋の動機や燃え盛る胸の燃料、そして燃え方なんかはまさに男性的。
女性から見たら「キモい」ってなりそう。でも男性からは……? 
クレイジーラブ。でもこういう狂ったところ、誰でもあるよね……?