X線上のノア 〜ゲームの悪役御曹司に転生したけど、平穏無事な生活を目指します〜

作者 黒澤三六九

現代世界にα+超能力?独特な世界観、、

  • ★★★ Excellent!!!

 【ネタバレあり】〜第60話まで
 面白く感じたのが、主人公の立ち位置。御曹司、お金持ちとういう、位置は稀に見ない。多くの主人公だと、フツメンが多いので、やはり、新鮮味を感じた。また、男友達と同格の容姿を兼ね備えているのにも関わらず、何故か、主人公にはモテない印象が見受けられる。もしかしては家の権力が高いと、損得があるんだなぁ、と実感しせざるを得ない、、。
 また、ゲームの世界に入ったのはわかるが、ゲーム世界状の一般家庭に生まれた、別主人公が登場していないのがわかった。
 世界線的に、ギャルゲーなのか、異世界なのか、わからない。どちらかと言えば、異世界寄りのギャルゲーのほうが印象的に強い(独断の偏見)。
 難しいのは、誰が、メインヒロインになるのかがわからない部分。様子見すれば、お互い、適度の距離を保っているので、進展よりも、主人公は深く人間関係を重視しているのが感じられる。色恋沙汰は中等部の後半場面に出てくると勝手に予測、、。
 PS:真冬が推し(´・ω・`)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ポタいちさんの他のおすすめレビュー 69