唇は恋に染まる~亡国の王女は呪いを解く為、朝も夜もキスをする

作者 花散ここ

彼女はそれでも前を向く

  • ★★★ Excellent!!!

幸せな日々を送っていたシェリル。美しく、繊細な情景描写は圧巻です。
しかし、そんな楽しい日々は突如奪い去られてしまった。
敵国の王女に呪いをかけられ、肌を焼かれながら、数々の暴言と耐えがたい苦痛に襲われる。そんな逃げ出したくなるような毎日でも、彼女はしっかりと前を向いていた。
そしてとある日、運命を変える人との出会いが……

どこまでも真っすぐでひたむきな彼女に、物語を読み進めるほど惹かれていきます。どうか幸せになってほしいと、願わずにはいられない物語。
そして!リアムさんとの甘々な一時が最高です。
この男、息を吸うように私を殺しに来ていた(パタリ)
ぜひ、ご一読を!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

花音さんの他のおすすめレビュー 200