唇は恋に染まる~亡国の王女は呪いを解く為、朝も夜もキスをする

作者 花散ここ

61

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

宝石の国グラナティス。
この国では宝石が木に実ります。でもその木に宝石を実らせることが出来るのは、王族の女性だけ。
そんなグラナティスの王女のシェリルはある日、他国に捕まってしまいます。
捕まった先で呪詛をかけられたシェリルは、逃れるすべもなく辛い生活を続けていました。
そこにエムデアルグ皇国の鬼人の将軍がやって来て、シェリルは自分の首をかけてグラナティスの復興をしようと動くのですが……

シェリルの呪詛を解く方法にニヤニヤしてしまいました!
恋愛ジャンルなのでもちろんシェリルの恋模様が物語の中心なのですが、この作者様はいつも恋愛と一緒に物語中の事件を解決するプロットも織り込んで下さるので、恋愛模様にキュンキュンしつつも、主人公が問題を解決できるのかとハラハラも出来て、ずっと楽しく読んでいられました☆

素敵な恋も見たいけど、主人公がトラブルを解決していく姿も見たい!
そんな欲張りなアナタにオススメの一作です♪

★★★ Excellent!!!

ガーネットの赤、夕日の赤、戦火の赤
赤色ひとつだけ切り取っても、シーンにマッチした印象的な描写で、作品世界が瞬く間に眼前に広がる。
共感できる主人公の目線と同化し、隙のない構成で戦火にハラハラ、かけられた呪いにヒリヒリ、救いの手となるのか、次の展開を待ってソワソワ。
安定感のある筆致にぐぐっと前のめりになれます。
この先が楽しみな作品、追いかけます!