越後の龍上杉謙信と戦国時代をこよなく愛する女の物語

作者 みお

470

167人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

めっちゃ面白いので興奮しています。
ほら、歴史ものってしっかりした文章で真面目に語られていく……っていうイメージがあるじゃないですか。
でもこの作品は柔らかくて読みやすくて、主人公の好花さんがとても魅力的。
上杉謙信さんも優しいし、格好良いし!
作者様の「好き」がダイレクトに伝わってきました。
(そして影響されちゃいました)
家宝にしたいので、早く書籍化してくださ~い!!

★★★ Excellent!!!

この作品のキャッチコピーである「上杉謙信という男の奥底まで書きます」の通り、恋愛小説の形式も取りながら、歴史好きの作者様の持つ知識が各所に散りばめられた歴史小説にもなっています。

よく歴史に詳しい人物が過去に転生して知識チートをする作品がありますが、また少し違って、上杉謙信に寄り添える人がいたらどうなっていたかという小説のように思えます。

そういう意味では深い知識を頂ける良い小説です!

とても読みやすくて、一話ずつも短くてサクッと新着部分まで読み切れました!

★★★ Excellent!!!

【簡単なあらすじ】
ジャンル:歴史、タイムスリップ
大学で上杉謙信の城である春日山城を研究していた主人公は、その日も春日山城へ向かっていた。しかし途中で突然声をかけられ、何かの演出だと思っていたが刺されてしまう。気づいたらタイムスリップしていて……?!

【物語の始まりは】
主人公が死ぬところから始まっていく。
主人公は戦国武将が大好きであり、特に新潟県上越市の戦国武将、上杉謙信オタクであった。そんな彼女は大学で上杉謙信の城である春日山城を研究。そしてよく春日山城に登るのだが、舗装された道ではなく、裏道が好きなのだ。そこには情緒を感じることができるから。そしてその日も一人で春日山城に登っていると、突然「姫! ここにいらっしゃったのですか!」と声をかけられ……?!

【舞台や世界観、方向性】
過去にタイムスリップして転生。
主人公は元よりそうであるが、この物語では上杉謙信の話し方が現代風であるので、言葉が分かり辛いということはないと思われる。
オタク感を表現している作品。作者自体も歴史物が好きだということが、話ごとの最後に加えられた筆者の戯言から伝わって来る。

【主人公と登場人物について】
一人でいつものように春日山城に登っていたところ、コスプレでもしているのか? と思うようないで立ちの人に声をかけられた。主人公はそれをおもてなしと思っていたら、何故か刺されてしまう。そこで意識は途切れた。
その後目が覚めたら春日山城に居たのだが、天井から落ちてきたということや服装のせいで、ことあるごとに忍者なのか? と問われる展開に!

【物語について】
現実に居たはずなのに、刺されて意識を失い死んだと思ったら、別の場所で目が覚める。過去に転生というスタイルなのだろうか。

目を覚ますと主人公は、今は存在していないはずの春日山城におり、助けてくれた人物は長尾景虎と名乗った。つまり令和の時… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 上杉謙信オタクの歴女・好花は、あるとき謎の侍に襲われる。目を覚ますと、そこには……!

 1話分が短く、軽いタッチで書かれてありますので、軽い気持ちで読み始められます。

 一方で、時代考証はしっかりされており、歴史好きの人間でも大満足な内容です。
歴女、特に上杉謙信が好きな人にはたまらない一作です。

歴史好きな作者様の手による、歴史好きのための物語。最高です。

★★★ Excellent!!!

長尾景虎――のちの上杉謙信という戦国武将を知っていますか。
この国の戦国時代を代表する武将であり、川中島というところで、武田信玄という戦国武将と一大決戦をした(しかも何度も)武将です。
よく知られている外見は、白い頭巾をして(出家しているので)、厳しい顔をした、いかにも「戦国武将!」という感じの壮年の男です。

……が。

そんなことはさておき、本作は、長尾景虎=上杉謙信のイイ男っぷりを、そして部下の武将たちのイイ男っぷりを、余すところなく描き、ヒロイン・好花(このか)と共に、景虎たちとワイワイやって、仲良くなっている気分にさせてくれる名作です!
フツーの歴史物ではあまり使われないカタカナとかもガンガン使い、それがまた、読者さまの読みやすさ、親しみやすさを作ってくれています。
それでいて、キチッと史実を押さえているところが凄いなぁと思います。

さっき書きましたが、読んでいるうちに、つい自分も「景虎さま、今度釣り行きます?」「おっ、いいな! 行く行く!」……とか、長尾景虎とおしゃべりしているような、ワイワイやっているような……そんな気分にさせてくれる逸品です。

是非、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

 各地を回る謙信と好花。押し寿司、ふなずしを食べるシーンにほっこりし、お寿司を食べたくなりました。
 食事シーンに惹きつけられるのは、登場人物が魅力的だからだと思います。

 歴史ものというと暗くて堅いイメージがありますが、話のテンポが良く、ストーリーも明るいのでギャグテイストの漫画を読んでいる気分で楽しめました。

 作者様の歴史愛、謙信愛に溢れるお話。仕事終わりの疲れた時に読んで、ほっこり癒やされてほしいです。
 歴史巡りの旅をして、美味しい物を食べたくなると思います。

★★★ Excellent!!!

この作品をどうして今までよんでこなかったんだろうと後悔しました。

歴史物だと言うことで、難しい言葉遣いなのかと思っていましたが、見事に予想を裏切られました。
読みやすいように現代語で描かれています。
なので、とても描写が分かりやすいです。

歴史好きの方には特に共感できる作品になっているかなと思います。

作者みおさまの謙信愛がスゴい!!

バシバシと私にも伝わってきます。
ちょっとした小話を作品の途中に入れてくれるので、これも楽しみなります!!

私の大好きな作品です!!
皆さんも読んでみてください!!

★★★ Excellent!!!

作品名で、内容があまり予想出来なかったが、読んで納得。
主人公がまず可愛い。
又、物語も面白く、読み易い。
1話がしっかり作り込まれ、戦国時代にそれほど知識が無い人にも十分に楽しめる作品となっている。
自分はゲームや趣味で戦国時代に詳しいが、それでも知らない話があったりする為、戦国時代の勉強にもなる為、貴重な作品だ。

戦国時代は、どうしても三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)に焦点が当てられがちだが、今作は、作品名にもなっている通り、上杉謙信がメインキャストである為、三英傑を読み慣れた人々には、新たな面白さが見出されるかもしれない。

1話読むと、次。
もう1話読破すると、次へ。
といった感じで、展開への期待が読み進める毎に膨らんでいく。

書籍化した場合は、是非、購入したい。
挿絵で登場人物達を見たい。

★★★ Excellent!!!

私から 作者さまへのメッセージ(一部抜粋)
----------------------
この話を楽しむなら、
上杉謙信のことを勉強しなきゃだめだ!と
本気で思っているので、
参考文献として載っているものを一冊でも読んだら、
読み進めようと思っています。
----------------------


作者さまから 私への返信
----------------------
私のモットーは、
上杉謙信をあまり知らない人に、好きになってもらう。なので、逆に参考文献読まないで、どーんと読みにきてほしいです!笑
----------------------


この物語の面白さを伝えるには、
このやりとりをそのまま記載するのが良いと思いました。
どーんと読んでほしいです!

★★★ Excellent!!!

歴史小説、時代小説は堅苦しい文体と思っていましたが、こちらの作品はなめらかに読むことができ、気が楽でした。歴史上の人物の解説が分かりやすく、歴史が苦手な方でも読みやすいと思います。
謙信公がとても好きなんだな、と楽しい気持ちで読みました。久し振りに歴史モノ、時代モノを読み続けようと思えるほど、面白い作品でした。続きはゆっくりと読ませていただきます。

★★ Very Good!!

歴史と言えば、堅い、古い、難しい。
そんなあなたに、特効薬。
一話を読むのに一分とかからず、上杉謙信とお近付きになり放題。
上杉謙信マニアの更科好花と、なんとなーく歴史を旅できる。この物語は読むものではない、絵巻を紐解き観るものと心得よ。
言えることは一つ。歴史はドラマなんです。

★★★ Excellent!!!

上杉謙信オタクが上杉謙信と上杉謙信オタクを書いた話で、各話短いながらに毎回熱を感じるのが好きです。戦国時代が趣味の範疇の人はみんなうっすら上杉謙信のこと好きなので、戦国時代好きならだいたい誰でも行けると思います。個人的には「※筆者の戯言」がもっと多いと楽しい。

★★★ Excellent!!!

主人公好花はとある時代にタイムスリップ。そして出会ったのが毘沙門天こと上杉謙信!
歴史ものかー。と思ったそこのあなた、心配無用。みんな割りと軽かったりノリが良かったりと、とても読みやすい!
作者様の謙信に対する愛が溢れている作品となっています。
時折挟まれる歴史的解釈も非常に分かりやすいものになっています。
おすすめです!

★★★ Excellent!!!

何に問わず「作者の好き」が詰まった小説というのは、それだけで読むだけの価値があると思います。
本作は作者の深い戦国武将・上杉謙信愛に溢れた作品です。豊富な文献に裏打ちされた時代考証と、それら文献から作者が読み取った人物の性格的な魅力を詰め込んだ野心的な作品になっています。
歴史好きな方も、キャラクター小説が好きな方にもおすすめの一作です。

★★ Very Good!!

まずこの作品は紹介文にもある通り、歴史物の堅苦しい感じの言い回しを、現代人に分かりやすいように砕いて書かれています。

その為、歴史物を見ていると言うよりは、主人公が一度現代風に翻訳した物が小説になっていると言う風に解釈した方がいいかもしれません。

特に途中でちょこちょこ英語が出てくる事があるので、普通に歴史物として見ているとそこの違和感で内容が入って来なくなります。

色々書きましたが、内容に関しては面白いと思いです。しっかりと資料に基づいてお話が作られているので、歴史はあまり詳しく無い私でも楽しめました。

ただ、やっぱり私的には、歴史物はお堅い感じの言葉使いで書かれている方が好きかも

★★★ Excellent!!!

歴史小説と言えば、いかにも古風な言葉使いや言い回し、お堅い文章なんて印象をお持ちの方も多いかもしれない。しかし、本作にはそれがいっさいない。

まるで現代版戦国時代であるかのような錯覚を受けるだろう。

歴史を知らない読者でも目の前で歴戦の戦国武将たちが現代風に、そしてフランクに語り合っている光景を幻視してしまうであろうことは想像に難くない。

1話あたりの文章量が少ないこともあって、次話へ行く手が止まらない。
サクサク読み進めていけるので、少しでも興味がある方は読んでみると良いだろう。

戦国好きの私としても、この先の展開が楽しみである。
好花のこれからも気になるところだ。

★★★ Excellent!!!

良かった点
筆者の趣味趣向が突っ走っていて、書いているときに笑顔に!いや、謙信公のイメージしながらよだれを垂らしていたことが伺える作品ですね!そういう筆者が爆発している作品が大好きです!!
文章も読みやすくて一気に読んでしまいました!つづきを!!

期待点
おそらく時代が戦国自衛隊と被る辺りなので、油の乗った謙信公の活躍と主人公のこのかちゃんとの関係も楽しみですね