初夏色ブルーノート

作者 いいの すけこ

61

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

高校の芸術鑑賞会をきっかけにして、主人公の明子と音楽バカな智昭はよく話すようになります。そして次第に二人は――

読みながら何度か、ああ青春だなと感じました。爽やかなだけでない苦さも含んだ青春ですが、それがとても良いです。
作品のキャッチコピーにある「月に連れて行くことはできない」はジャズの『Fly Me To The Moon』に関係しています。
なぜ彼女はそう思ったのか、そして現在の彼女がそのことをどのように思っているのか、ぜひ読んでいただきたいと思います。

作内での喫茶店や音楽の描写と、主人公の心理描写が、バランスよく書かれていて、個人的には文字数よりも短く感じる読みやすい作品でした。

ある自主企画の参加作品ですが、企画を知らない方でも違和感なく読めると思います。
ちなみに、私は『Fly Me To The Moon』をあまり聞いたことがなかったのですが、それでも十分に作品に引き込まれました。

明子のようにコーヒーを飲みながら読むと、より良いかもしれません。苦いのが苦手でも構いませんので。

★★★ Excellent!!!

異星人と出会ったような、全く違う世界の人と出会うことを、「恋」というのかもしれない。
でもそれは、見るもの、大切にすることが違うということ。

あなたと私じゃ、月へは行けない。

平行し、交わらなくなった今。
それでも彼女は、交わっていた在りし日を思い出しながら、自分の世界を生きていく。