嘘告から始まる下剋上〜自宅に異世界の入り口を発見した俺は、レベルアップで異世界と現実世界を同時に無双する〜

作者 taki

1,396

541人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

こういうのだよ。こういう現実と異世界を行き来する物語が国民が読みたいの。もうこの世に出ないのか、それならば自分で書こうかと思い悩んだレベルですわ。あっ角川の大株主になる考えも浮かんだけど、辿り着いた先に異世界があるのが疑問になって。でもね、ある日ふとランキングを見たら見つけたんです!求めていた物が!え?感想?言わせんなよ恥ずかしい(//∇//)

Good!

具体的には累計1位の作品そのまま…とまでは言わないけどそれに近いレベルで似たり寄ったりな作品です。どこまでがオマージュでどこからがパクリなのかが最近は曖昧になってますがああいう系のお話が好きであれば読んでみてもいいかもです。ただかなりのご都合主義は覚悟した方がいいですね。ステータス的に絶対に勝てそうもないのに何故か勝ってしまうとか序の口です。
この系統のは完結しなさそうで不安ですがとりあえずオリジナリティを入れて完結を目指してほしいです。

★★★ Excellent!!!

主人公が、ちょいクズいところもあり普通な反応なとこが良いです。よく分からない聖人思考や、感情がないロボットのような反応等だと「ざまぁ」的なとこで見るといまいち共感もできず、多少下世話なとこがあったほうが、仕返しとか見ててスカッとできる部分があります。まあ書き手からすると誰もが格好良い主人公を書きたいんでしょうが、酷い仕打ちをを受けたり、殺されかけたりしても相手を許しちゃうようなものは物語だからできることであるものだと思うし、「ざまぁ」的な作品にそういう高尚な精神はいらないと個人的に思っています。その点この物語の主人公みたいに等身大の反応だと、ストレスなく最初から楽しめます。