スパイダー・ルーム

作者 koumoto

55

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

良作は、自分も何か書いてみたいと思わせる力がある。

「止まっていたものが動き出す」というテーマで何か書けないか?
読み終えてから、あれこれと考えたので、少なくとも私にとって、この作品は良作である。

表現に気をつけなければならないが、この作品はブラッシュアップの余地がまだまだある。
その点も私の中で評価が高い。
他の作品の質も高く、新しい作品を書く間隔も短いので、作者にはこの作品に構っている時間はないだろうが。

「止まっていたものが動き出す」というテーマに沿って、舞台が整えられ、人物が配置され、蜘蛛という小道具が用いられている。
テーマに対して、自分ならばどうするかと考えながら読み直すと、作者と私の趣味趣向のちがいが浮き出ておもしろい。
まず、私なら蜘蛛ではなく蝶を選ぶ。
あと、このテーマならば、もっとドロドロとしたラストにする。

「止まっていたものが動き出す」というテーマならば、変則的なやり方として、止まっているものを動かさないままにして、読み手に「動いたらどうなるのだろうか?」と思わせて、話を終えるのも一手だ。
星新一の「魅惑の城」のように。

こういう風に、長々と感想が書けるのも、良作の証拠である。

★★★ Excellent!!!

超常現象といえば、超常現象。
ビジュアルも、、事実コワイ話、だと思う。
文中かすかに感じる不遜な雰囲気も、
ジワジワと主人公ら家族を蝕む違和感も、
最後に、別の次元へ持ってかれる。

父と母になくって、主人公にあったのはなんだろう。。

両親のあげる笑い声の意味不明な言葉の羅列にはきっと、深い意味があるのだろうなぁとか。
面白いだけにおおいに感覚を乱されます。